『誰も僕を見てくれないんです』

 足元に毛皮の当たる感じがして、見下ろした。銀狐のパペットが、じゃれついている。
「おお? 人懐ひとなつっこい子やね?」
 声をけると、こっちこっちと先導してきた。半ば引っ張られるようにしてついていくと、ちょっとした人だかりが見えてくる。
 人だかりの中心には一人のはかなげな雰囲気の青年がいて、銀狐は周りの人々など意にかいさず、まっしぐらにその青年に飛び付いた。青年の方も、ややホッとした様子で、銀狐をで回した。そして、銀狐に髪を引っ張られて、こちらに顔を向けた。
 ……あ。
 銀狐が、魔法を使った。それも、精神に作用する感じの。
 精神に作用する魔法、と言っても、様々な種類がある。今回使われた魔法は、少しばかりタチが悪いもので、盲目的もうもくてきに銀狐の主人の青年に恋情をいだかせるもの。つまりこの人だかりは、そういう……。
 うーん、どうしたものかな。掛かったフリをするのは、短時間であれば、難しくはないと思う。でも、この魔法、果たしていつまで効果が続くものなのか。いつまでも付き合えるわけでもないし。
 よし、知らん振りをしよう。
 私はニコリと愛想笑いを浮かべ、そのままササっと後退した。青年が目を見開いたように見えるけれど、気のせい気のせい。
 きびすを返したところで、また足元に毛皮が当たってきた気がするけれど、それもまた気のせい。
 服のそでを思いっきり引かれたのも、気のせいに違いない。
 だから、そんなうるんだ目で見てくる青年の存在なんて、私は知らないんだ!
「誰も僕を見てくれないんです」
 青年は、そうなげいた。
「僕のことでギスギスしてほしくないのに、僕を見た人、みんな僕を取り合うんです。愛してるって言われるけど、愛ってそんなにみにくい感情だったのかな……?」
「あんさんがそう思うんなら、そうなんちゃいますん?」
 対応が雑なのは許してほしい。喫茶店に連行されて、堂々巡りの話が軽く一時間は続いている。店の外にはは青年についてきた人で包囲網が敷かれていて、逃げにくいのだ。
「その点、お姉さんは僕を見ても態度が変わらない。これって、運命だと思うんですよ」
「だから、それは違いますって言ってますでしょ」
 この青年、思った以上に幼くて、それ以上に頑固だ。何としても私を手に入れよう、そう思っているのがギラギラとした目の輝きからも丸わかりで、気持ち悪い。
 銀狐のパペットが、さっきから何回も私に魔法を掛けようと躍起やっきになっているが、残念、相手が悪い。ましてや、私のふところには様々なお守り石が、モルダバイトを含めてゴロンゴロンしているのだ。銀狐の核となっているシーブルーカルセドニーは、本来こんなに盲目的な愛を強いる石ではなかったハズで、それも私に勝てない理由の一つ。
「そもそも、魔法の願い方を間違ってるんやと、ええ加減に認めればええのに」
 あわれな銀狐を抱き上げて、その耳元にささやく。進歩的な思考を促す力を持つハズの、シーブルーカルセドニー。コミュニケーション力を高めてくれるはずのお守り石。
 しばらく銀狐をでくりまわしていたら、やっと青年が大人しくなった。
「結局は、お姉さんも僕を見てくれないんですね」
 せやね、とばっさり切り捨てたら、青年はくやしげに去った。置いて行かれた銀狐にこっそりと、変革の石、モルダバイトを渡しておいた。