『お姉ちゃん、もう行くの?』

 トコトコと、年端も行かない少年が歩くのに、着いて行く。少年を先導せんどうするのは、青い小鳥だ。
 少年は、両親と喧嘩けんかして、家を飛び出してきたらしい。他の大人には何も言わないことを条件に、私は少年の後ろを着いて行く。私が着いて行けば、きっと悪い大人に出会うこともない。
「だって、悪いことしてるのに、謝れないって言うんだ」
「悪いこと? どんな?」
「わからない。でも、ママが寝言で言うんだ。『ごめんなさい、お父様』って。その『お父様』とやらに直接謝れば良いのにって言っただけなのに、パパからはゲンコツ食らうしママは謝れないって泣くし」
 そしてどうやらこの少年、両親の代わりに謝りに行こうとしているらしい。
「謝れない男になるなって、パパからずっと言われてきたんだ。なのに、パパたちは謝れないって、すっごく変だ」
「あー、それはそうやねぇ」
 大人の事情、だなんて、年若い少年には理解したくないものの一つなのだろう。
 チチチ、と、少年を先導せんどうしていた青い小鳥が鳴く。核にえられたアイオライトが小鳥の中でキラリと光るのを、こっそりとのぞき見た。
 小鳥のパペットは、迷う様子もなく飛び続ける。少年も、迷うことなく着いて行く。
 流石さすがに放ってはおけない。だから私も、丘の上の大きな屋敷やしきに向かう一羽と一人を、追いかけ続ける。
 果たしてその庭には、車椅子くるまいすに座る年老いた男性が一人、一匹の大きな犬をかたわらに従えて、空をあおいでいた。
 おじいさんのかかえきれない後悔こうかいと悲しみを、となりの犬がだいぶ肩代わりしてあげているようだ。核になっているアパタイトが、深海のような色をたたえている。
 小鳥のパペットは屋敷やしきを囲う鉄柵てっさくを軽々と飛び越え、おじいさんの頭上で旋回せんかいした。当然、空をあおいでいたおじいさんの目にも、青い小鳥の姿が映り込む。
 おじいさんは、我を忘れて小鳥のパペットに手を伸ばし、車椅子くるまいすから無理に立とうとして大きくよろけた。
「おじいちゃん危ないっ!」
 心優しい少年にも刺激的しげきてきな光景だったようで、さくに飛びつきにぎりしめている。その少年の姿に、おじいさんがさらに大きく目を見開いた。
「この鳥は、ぼうやの鳥かね……?」
 小鳥のパペットは犬のパペットの頭の上で、ほこらしげに胸を張り、チチっと鳴いた。
「ううん、ちがうよ」
 少年が首を横に振り、おじいさんの目に落胆らくたんの色が浮かぶ。
「ママの鳥を、借りてきたんだ。ママがずっと謝っている、『お父様』まで案内してくださいって」
「それじゃ、無事に任務完遂かんすいできそうなんで、私はもう行きますね」
 少年は無事に祖父の元に辿たどり着いたし、もう私が見守らなくても良いだろう。そう思って口をはさんだら、やっと私の存在に気付いたおじいさんが、ギロリとにらんできた。
「おぬしは」
「家出少年をパペットが引率いんそつしてたの、ひっそり見守ってました! 不審者ふしんしゃですけど、もう去りますよってに!」
「お姉ちゃん、もう行くの?」
 少年は名残惜なごりおしそうだが、私だって命がしい。おじいさんの眼力に射殺いころされそうだ。
「もう私がいなくても大丈夫そうやからね。宝石華ほうせきか加護かごを大切にするんだよ?」