『想食種』

「……し、白くなったな?」
 週末になって聖域にやってきたリオニス君は、僕の真っ白な髪を見て、びっくりした。
「うん、ジンさんとお揃い」
「お揃い?」
「大丈夫だよ。食べちゃダメなものは、ちゃんと教えてもらってるから」
 流石、優等生のリオニス君。僕の言いたいことを察して、顔色を変えた。
「ジンとお揃い、というのは、食事もか」
 笑顔で肯定すると、リオニス君の眉間に皺が寄った。
「そこまで、お前の体質は厄介だったのか」
 その通りだけれど、答えなくても伝わるだろう。
「ミュー……ミュウミュ(こっちにいたのかルーエ……あ、リオニスも来てる)」
 噂をすれば、ジンさんがやってきた。人間の姿を取り戻せた筈のジンさんだけど、彼本来の姿とはやっぱり大幅に違って恥ずかしいとのことで、普段は変わらず獣の姿で活動している。僕は綺麗だと思うんだけどなぁ。でもまあ、カッコいいというより綺麗だから、微妙な気持ちになるのかもしれない。
「ジン、彼に何をした」
 リオニス君が、真剣な表情でジンさんを摘み上げた。ジンさんは悪くないのに、大人しく捕まっている。
「リオニス君、ジンさんを怒らないで。僕がこの道を選んだんだから。ていうか、ジンさんも立派な被害者だったし」
「ミュ!(余計なことまで言うな!)」
 ジンさんは咄嗟に鳴いたけれど、残念、リオニス君は聞き逃してくれないタイプ。
「被害者? 実験台だとは聞いていたが」
「異世界とやらから拉致されて、人間としての姿も奪われちゃった被害者だよ」
 リオニス君は、手の中のジンさんを凝視した。
「なるほど、それである程度、社会のことを知っていたのか」
 ジンさんは拗ねた様子でそっぽを向いた。その動きも可愛くて、僕は内心悶える。
「でね、今は神様の実験も次の段階に進んでて、もう少ししたら、僕もジンさんも、聖域から離れられるかもしれないんだ」
 リオニス君が、目を瞬かせる。
「聖域にジンさんと同じ能力の誰かがいれば、ジンさんも出掛けられる、でしょ?だからね、今は候補者たちの選定中」
「ミュウ……(別にオレは無理に出掛けたくなんて……)」
 耳をペタンと伏せながら呟くジンさんは本当に可愛いけれど、彼こそ世捨て人になってしまってはいないだろうか。自分の生涯を悲観して、狭い世界に閉じ籠ろうとしている気がしてならないんだ。
「候補者たち……というのは、余剰魔力を浄化する仲間候補か」
「そうそう。浄化って言うとカッコいいよね。食べてるだけなんだけど」
 余剰魔力からエネルギーをいただき魔素に還元する僕たちのような存在が、今後増えるとして、何かイイ感じの名称があれば楽しいよね、きっと。
 魔食……いや、魔素に乗った思念のエネルギーを食べるのであれば。
「想食種……とか、良くない?」
 僕の唐突な提案に、リオニス君とジンさんは同時に首を傾げ、顔を見合わせた。