疑問だらけ

 目が覚めたら、魔物に取り囲まれていた。……いや、魔物、なのかな?
 魔紋を持っているけれど、各々の瞳には理性の輝きが見える、気がする。それに本来、魔物は群れないとも習ったのに。
 ……魔物に取り囲まれて、それ以上何もされないというのも不思議なんだよね。本来なら、とっくの昔に襲われてるよね?
 何にせよ、場を取り巻く空気は穏やかで、僕を取り巻いている魔物たちも各々にくつろいでいたり、微睡んでいたり。
 僕はと言えば、胸はまだズキズキするけれど、頭のガンガンとした痛みは消えている。ただ体に力が入りにくくて、起き上がれるようには思えなかった。
「ピュイ!(おはよう、ジン!)」
 上空から、魔物ではなくグリフォンが舞い降りて、一声鳴いた。何故か、内容が理解できてしまって、僕は面食らった。しかもきっとこのグリフォン、幼い雄だ。
「ミュウ、ミュ(おはよう、もう少し静かにな)」
 何者かが僕の耳元で返事した。甲高い小動物の鳴き声……の筈なのに、重なって青年を連想させる思念が聞こえる。
「ミュミュ、ミュウ……ミュ(あんまり大きな声出すと、彼が起きてしまうだろう……って、もう起きてたか)」
 真っ白な小動物が、僕の顔を覗き込んだ。彼の背後で、大きな尻尾がゆらゆらと揺れている。
(うーん、もう少し掛かりそうなんだよなぁ。随分前から我慢してたのがとってもよくわかるというか、こびりついてる余剰魔力が頑固というか)
 独り言のようなその思念の中に、気になる単語が幾つも聞こえた。僕は思わず、目の前の白い小動物を凝視した。
「余剰魔力?」
 小動物は、ピンと大きな耳を立てた。その仕草から、彼にとっても想定外のことだと伺えた。
「ミュッ⁉︎(あれ、オレ声に出してなかったよな⁉︎)」
「ピーィ(出してなかったよ。何か言ってたの?)」
 魔物の輪に何食わぬ顔で加わっていたグリフォンが問いかけると、白い小動物は僕とグリフォンとを交互に見る。
「ミュウ……(この人間を冒している余剰魔力が頑固だって話……、もしかして、聞こえてるか?)」
 最後の声無き問いかけは、きっと僕に聞いたのだろうと思ったから、頷いた。
「ミ……(ああ、うん……こりゃ、そうかもしれないとは思ってたけど、本当に、大変な体質だ)」
 絶句しても思念の駄々漏れている小動物は、気を取り直したように声を上げた。
「ミュウミュ(じゃあ、改めて、おはよう。そして、聖域へようこそ)」
 聖域。近頃は物騒になったと聞いていたけれど。もしかして、おとなしい魔物がいっぱいいるのと関係があるのだろうか?
 小動物に問いかけると、その通りだと言う。魔物から浄化されたい者たちが集うので、傍目には魔物が集う島、魔の島と化したように見えるのだと。
「魔物から浄化……ってことは、元に戻れるんですか」
(そうだ。だから、動ける者たちはこうしてやってくるし、最近はアンタみたいに、リオニスが連れてくる場合もある)
 説明を一つ聞くと、更に疑問が湧いてくる。思わず小動物相手に質問攻めをしてしまったけれど、彼は快く答えてくれた。