魔竜の襲来

 ふと、運動場に落ちる影が大きいような気がして、曇った? と空を見上げた。
「……ドラゴン? 違う、魔竜⁉︎」
 僕の声で、先生含めて場が一気に静まり返る。ほぼ全員が空を見上げ……、次の瞬間、一気にパニックとなった。
「おおお落ち着けぇ⁉︎ 校舎に避難っ!」
 先生ですら、気が動転しているのがよく分かる。そりゃあそうだ。魔竜なんて、滅多に見るものじゃない。ただの魔物だって一般生徒にとっては脅威きょういになるのに、その上位的存在と言われる魔竜ともなれば死人が出かねない。
 ふう、と誰かがため息をつくのが、やけに大きく聞こえた。先生の言う通り避難しようとしていた足を止めて振り返れば、それはリオニス君で。
「来てくれ、シルフィアナ」
 黒い魔竜に向かって無造作に歩きながら、彼は白銀の竜の名を呼ぶ。シロガネの竜騎士、とは、何でも屋ギルドでのリオニス君の二つ名だった。
 召喚陣から現れた白銀の竜に飛び乗って、魔竜に立ち向かうリオニス君。いくら先生よりも強いからって、流石に魔竜を相手にして無事に済むなんて思えない。
 僕では何の戦力にもならないかもしれないけれど、何かの役には立てないか? そんな僕の思いを嘲笑あざわらうかのように、白銀の竜騎士は余裕を持って魔竜の吐き出す雷やら炎やらのブレスを避け、反撃を加えていく。
 最期の足掻きとばかり、魔竜が漆黒のブレスを吐いて視界がさえぎられても、中では魔力の動きが絶えず、激戦が繰り広げられているものと思われた。やがて、魔竜の魔力が途絶え、リオニス君の起こした風が、ブレスの闇を吹き飛ばした。
 地に伏す魔竜、ちょっとしたかすり傷くらいのリオニス君。
「流石だな、リオニス!」
 校舎から飛び出してきた先生が、リオニス君を手放しでめる。
「この魔竜はどうするんだ? この場で解体するのか?」
「いえ、また後でします。授業の方が大事でしょう」
 リオニス君は涼しげな顔で言うと、魔竜を収納陣に収めた。この収納陣だって、魔量の大きさに容量が左右される。人が乗れるくらいの魔竜を軽々と収める収納陣なんて、僕には望めない。
 ……収納陣、だよね? ふとよぎった疑問を吟味ぎんみする前に、クラスメイトたちが僕を押し退けてリオニス君を取り囲んだ。
「スゲーなリオニス」
「カッコいいよね、リオニス君」
 クラスメイトたちの賞賛の声にも、リオニス君はあまり心動かないようだった。そりゃね、ある意味いつものこと、だもんね。迷惑そうな顔をしなくなっただけ、丸くなったなとすら思う。
 そんなリオニス君だけど、ふと周りを見回して、誰かを探す素振りをした。
「ああ、お前」
 彼が声を掛けたのは、まさかの僕で。
「魔竜に真っ先に気付いたの、お前だろ? ありがとう、おかげで怪我人も出ずに済んだよ」
「……ううん、リオニス君の実力あってこそだよ」
 僕はやっとのことでそれだけ答えると、うつむいた。周りの視線が突き刺さって痛い。ルーエのクセに生意気だとか、そんな声まで聞こえてくるようだ。リオニス君は、常にこの視線の中にいるのか。
 ズキッと、胸が痛む。魔力回路の腫れが、広がった気がした。