苦手な授業

 歴史の授業の終わりを知らせるチャイムが鳴った。休憩時間を挟めば、次は魔法実技。……僕が一番、苦手な授業だ。
 運動着に着替える間も、気分がどんどん下降していく。魔法は好きだったのに、この授業が始まってから、素直に好きだと言えなくなってしまった。それがとても、悲しい。
「魔量、どれだけ増えてるかな」
「次こそ上級魔法を成功させるぞ」
 クラスメイトたちの会話が、胸に刺さる。最大魔力量(略して魔量)の大きさや、魔力を多く使う魔法が持てはやされ、実技の評価に直結するのは、結局どこの学校も変わらないと聞いている。カウンセラーさんの、気の毒そうな顔が忘れられない。
(魔法に対する評価法の一つでしかないのだけれど、ルーエ君には辛いだろうね)
 僕の魔量は、とても小さい。だから、中級魔法ですら成功させられない。
 初級魔法や生活魔法、複合魔法なんかのアレンジは得意なんだけど、残念ながら成績には反映されない。魔法実技で点数が取れないものだから、座学がトップ近くても、平均点は低くなる。
 魔法実技トップのリオニス君ほどじゃなくても良いから、せめて中級魔法を成功させられるほどの魔量が欲しかったな。まあ、無い物ねだりをしても、仕方ないんだけど。
 ……そういえばリオニス君、ちょっと雰囲気変わったよね。春休み前から依頼で休学していて、死んだかもって噂もあったけれど。何ていうか、憑き物が落ちた、みたいな。ピリピリしていたのが、角が取れた、感じ。
 彼も僕も孤立気味だけれど、高嶺の花として遠巻きにされているリオニス君と、実技底辺層の僕とでは、やっぱり意味合いが違う。
 ズキッと、胸が痛んだ。
 最近、胸が痛むことが増えた。無理に魔力回路を鍛えようとしたのが悪かったのだと、見当はついている。魔力を使い切れば、回復する時に魔力回路が鍛えられるなんて都市伝説を、うっかり信じてしまった僕が悪い。本当にそれで魔量が増えるなら、授業で教えない訳がないのに。
 そっと胸元を確認すると、魔力回路のある辺りが紫色に腫れている。ああ痛いなと、僕はひっそり嘆息した。
 周りを見れば、もうクラスメイトのほとんどが着替えを済ませ、教室から去っている。
 いくら僕が魔法実技の授業が苦手だからって、遅刻しても良い訳がない。慌てて僕も、教室を飛び出した。
 魔法実技の授業は、魔量の測定から始まる。それが、とてつもなく憂鬱だった。きっとリオニス君が数百万とか叩き出して、僕はまた一桁か二桁だ。
 魔力回路を腫らしてしまってから、僕の魔量は減少傾向にある。クラスメイトや先生の、哀れみの視線が痛い。
 魔力回路が腫れていて、痛いんです……とは、言えなかった。だって、見た目が魔紋みたいで、魔人だって揶揄からかわれそうだったから。
 魔人だなんて、冗談でも言われたくない。僕の妹は、薬草の採取に出かけた先で魔物に襲われて大怪我をした。そんな奴等の一味だなんて、言われてたまるか。