シルフィアナとの再会

 考え事をしていたら、背後に馴染みの気配を感じた。そっと振り返れば、予想にたがわず、魔紋のだいぶ薄れた相方がいた。
「……すまなかったな」
 事情も知らず、裏切られたと思い込んだ。己も同じ状況になって、暴走したから分かる。魔竜になっても、俺の声に応えてくれたのが、どれだけ奇跡的だったか。
 白銀の竜、シルフィアナは、そっと首を振った。彼女はとても賢い竜で、いつの間にか人間の仕草も覚えて応えてくれるような健気さも持ち合わせていた。だから、甘えてしまっていた。俺の方こそ、もっと彼女の様子に気を配って然るべきだったのに。そうすれば、きっと。
(私の方こそ、ごめんなさい。貴方を、一緒に連れてくれば良かった)
 きっと、彼女からの言葉も、もっと早くに聞けただろう。
「過ぎたことを悔やんでもキリがない。幸いにも、俺はこの聖域に辿り着けたし、助けてもらうこともできた。ただな……」
 この状況を、どうギルドに報告するかが問題だ。あまりの難題に、溜息が出る。
「まさかあの小動物を連れ出すわけにもいかないし」
(あのお方を? 自主的に来ていただくのでもない限り、無理だと思う)
 シルフィアナも止めてくるが、何よりあの小動物の下にこそ魔物が集う。事情を知らぬ限りは、魔王のひなでも拉致らちしてきたのかと思われるだろう。そういえば。
「シルフィアナは随分、あの小動物を敬っているな」
 何気ない言葉の筈だった。
 だが、シルフィアナが蒼白になった。
「……俺の方が、何か不敬なことをしでかしているのか?」
(あのお姿は、創造神と同じ。あのお方は、創造神の欠片を与えられた、御使様)
 創造神の姿を模した、神の御使? あの小動物が?
 島に着いてからの、あれこれの不敬な行動が、脳裏をよぎる。
「ミュウ(やれやれ)」
 折悪く、話題の主が現れて、俺の頭に飛び乗った。衝撃でかしぐ視界。
「ミュミュウミュ(そんな大層なもんじゃないさ。ただの実験台だよ)」
「実験台……?」
「ミュ(そう、魔力浄化の実験台)」
 俺の頭の上で器用にバランスを取った白い小動物が、多分恐らく何かしらの話を、シルフィアナにした。そしてシルフィアナも、何事かを応えた。交わされた鳴き声だけでは、俺には何もわからない。俺に向けて伝えたい内容ではなかったんだろう。
「ミッ?(で、オレをどこに連れ出すって?)」
「……ギルド長の所に。『聖域』の異変の調査を、依頼されていた」
 なるほどね、と白い小動物が、俺の頭から飛び降りた。ジッと、星の瞬く夜空の目に見つめられ、今度は俺が、落ち着かない。
「でも、お前を連れていくと、魔物たちも来るだろう? だから、何か他の手段を考えるつもりだ」
「ミュー(魔紋が消えるまでは、アンタもオレから離れない方が良いけどな)」
「そうか……。しばらくは、動けないな」
 両腕を見る。シルフィアナのそれよりも、まだ色の濃い魔紋。
「今日も治療してくれるんだろう?」
 頷く小動物。遠くなる意識で、今日もご馳走様、と聞いた。