不思議な小動物

 ね起きる。激情に身を焼かれる。目に付くモノが敵にしか見えない。
 けれど、実際に何かをする前に、気を失ってしまう。
 何度、同じサイクルを繰り返しただろう。
 気を失うことが、初めてではないと気付いたのは、いつだったか。森の奥に運び込まれている事に気付いたのは。
 周りを観察する余裕よゆうが生まれると、魔物が俺を遠巻きに見ている事実に戸惑とまどった。
 魔物は、凶暴性が高いから、討伐とうばつ対象にされる。なのに、この島の魔物は、俺が視線を向けると逃げ出してしまう。まるで、普通の野生生物みたいに。
 考える余裕よゆうが出てきて、周りが敵だらけだとは認識しなくなった。それでもふとした瞬間に暴力的な衝動がき上がってきて、そんな時は何故なぜすみやかに魔力ごと意識をり取られた。
 そう、意識を失うのは、急激に魔力を失うからだ。けれど、魔法も使わないのに魔力だけが失われるって、それこそどんな魔法だ。
 もう何度目になるか分からない、目覚め。
 ね起きる、というほどの乱暴なものでもなく。ただ、まぶたが自然と持ち上がった感じの。
 起き上がりかけて最初に目が合ったのは、真っ白な毛並みの小動物。器用そうな前足と、瞬発力にあふれていそうな後足、大きな尻尾の。
 そう、俺が魔の島に来て最初につかかったのと、恐らく同じ種類の小動物だ。一番警戒心がないのか、常に俺の周りにいると気付いたのも、最近の話。
「ミュウ(おはよう)」
 その小動物は、人間くさく小首をかしげると、一声、甲高い鳴き声を発した。
 俺は目をまたたく。今、こいつの言ったことが、挨拶あいさつに聞こえた?
「ミュミュ?(やっと聞く気になってくれたのか?)」
 これは、俺がついに完全に発狂した……と、考えても良いのだろうか?
 いや、最近調子は良くなっていたと思ったのだが。それは、俺の気の所為せいだったのか?
 あまりの事態に頭が混乱して、起き上がろうとしていた事すら忘れてしまった。カクン、と身体を起こそうとしていた腕から力が抜けて、また地面に倒れてしまう。幸いにも、俺が寝ていた地面には羽毛や草がめられていて、勢いなく倒れた程度では痛くもなんともなかった。
「ミュウゥ?(おーい?)」
 小動物が、横からパタパタと、俺の目の前で前足を振った。
 人間、驚きすぎると声も出ないって事が、よく分かった。
「ミュ、ミュウミュ(ま、いっか。もし聞こえてなかったとしても、それはその時だ)」
 その小動物はうんうんとうなずくと、仰向あおむけに倒れた俺の胸の上に乗り上がり、顔をのぞき込んでくる。
「ミュミュウ、ミュウミュミュ(もう気分はマシだろう、悪さをしてた余剰魔力はほとんどいただいたからね)」
「……余剰魔力?」
「ミュッ(その通り)」
 どうやら、事は俺の全く予想だにしなかった方へ転がっているようだ。
 未だに混乱から立ち直れないというのに、その小動物は次々ととんでもない事を言い出したのである。