魔の島

 結局どうやって魔の島まで行ったのか……その道中、何も起こさなかったのかを含めて、おぼえていない。
 肝心な事は、俺がようやっと魔の島に辿たどり着いた事。
 浜辺からにらむ、おどろおどろしい森。周囲は不気味なほどの静けさをたたえており、海から寄せて返す波の音だけがやけに耳についた。
 森の中にちらりと動く影が見えた気がして、その影を狩るべく、神経をよりませる。
 ここは魔の島。魔物の島。動くモノは全て敵。皆殺し、皆殺しだ。
 なあ、俺も後からちゃんとくから……。許してくれよな、シルフィアナ。俺の白銀だった竜。
 感傷にひたり続けたいのをこらえ、再び森の中へと意識を向ける。
 やはりここは、風の刃で道を切り開きながら進むべきだろうか、それとも。
 いっその事、炎で全てを焼き尽くすのも、悪くない、か?
 全部焼き尽くす。甘美なひびきだ。
 俺の最大火力をぶつけて、俺の魔力れ果てるまで、俺の命れ果てるまで。
 ざわり、と。くらい喜びに反応するように、俺の周囲で気温が上がる。それすらも、今は心地好い。けれど、今までならば殺気に反応して向かって来たはずの魔物どもは、何故か一斉に身をひるがえした。
 逃げるのか? ……俺の前から去った、シルフィアナみたいに?
 カッと、目の前があかく染まった。
貴様等きさまらぁ……っ!」
 ただ激情のままに叫ぶ俺の周囲の気温が、爆発的に上昇する。
「逃げるなあぁっ!!」
 遠くから森を焼き尽くすなり、他の魔法を使うといった選択肢は、綺麗きれいさっぱり頭から消え失せ。俺は、森の中に突撃とつげきした。
邪魔じゃまなんだよっ!」
 森の木々が頭に血の上った俺の行く手をはばみ、俺はより苛々いらいらする。
 完全な、悪循環あくじゅんかん。なのに、気付けず。
 何処かで小動物の鳴き声のような音が聞こえた。
 何かが語りかけられた気がした、が、それすらもが不快で。
 目の前に、白い小動物が飛び出してきた時、俺の理性はほぼ完全に失われていた。
ずは貴様きさまからだ……っ!」
 ああ、先ずは魔物なのかそうじゃないのか、その区別だけはきっちりしろって、散々教えられてきた事だったのに。
 俺に身体を鷲掴わしづかみにされた小動物は、星のまたたく夜空のような瞳を俺に向けた。
 一気に、身体が冷えた気がした。
 いや、実際に、上がっていた気温が一気に元に戻った。
 それだけに止まらず、放出しかけていた魔力、更には体内の魔力までもが急速に失われていく感覚がして。
 唐突な変化についていけなかった体が、言うことを聞いてくれず、かしいでいく。
 意識が、閉ざされていく。
 ぼやけて暗くなっていく視界に映る、今更になって近付いてくる魔物どもの影。
 先程までの激情が嘘のように、心はおだやかにいでいた。
 ……終わったな。
 結局、道連れどころかシルフィアナにもえないまま。
 意識が完全に落ちる直前、追い求めた白銀のかがやきを見た気がした。