噂と激情と

 正直、うわさだけはあった。
 高ランク、二つ名持ちの何でも屋ギルド構成員が、次々と姿を消している。姿を消さずとも、調子を崩している。
 別に、高ランクだとか有名な奴等やつらに限ったことではないと思うけれどな。
 害の低い魔物はすべからく、魔の島に向かう傾向にある。
 恐らくそれは、正しいのだろう。でなければ、態々わざわざギルド長が調査を行うまい。
 しばらく見ないと思っていた知り合いに似た魔人がいた。行方不明になった使い魔に似た魔物がいた。
 これに関しては、最初は鼻で笑っていた。追い求めるあまりに魔のモノに面影を見出したのだろうと。
 嫌な予感になりだしたのは、一見関係ないはずうわさとげの様に心に残り始めたのは、いつの事だったか。思い詰めた様子のシルフィアナ。我が身の不調。そして、おそい来る凶悪な激情の衝動。
 そもそも何故ギルドが魔物や魔人を討伐とうばつするかって、見た目にも魔紋と呼ばれるえぐい特徴がある上に、普通の動物なんかとは凶暴性が違うからだ。肉食獣だって、狩りをするのは食事の為。魔物の様に、見境なく暴れ回ったりはしない。そして、魔紋の立派な魔物ほど、凶暴性は増す。
 大きく吐き出した後の息を吸う。現実逃避でもしないと、やっていられない。
 今更の事だ。うわさつながっていようが。うわさかくされた真実を推測しようが。
 ぎりりと音がするのはめた奥歯のこすれる音で、ぽたぽたと血がしたたり落ちるのはこぶしにぎめすぎてつめてのひらに喰い込んでいるから。
「どういうことだ……」
 それでも、うなるようなささやきがれてしまう。
「どうして……シルフィアナ……!」
 叫び声は、空に吸い込まれて届かない。
 かろうじて、呼び掛けにこたえて姿をあらわしたものの、それ以上の言葉が通じず。俺を一瞥いちべつした後、魔の島の方向に向けて飛び去った相方は。
 白銀のはずの全身に青黒い魔紋を浮かべた、魔竜と化していた。
 裏切られた、ウラギラレタ。どす黒い感情がハラワタを焦がす。
 冷静な思考が激情に焼かれ、燃やし尽くされる。
「うおおおああああぁぁ、シルフィアナぁっ!!」
 振り下ろしたこぶしは地面にのめり込み、それを引き抜こうと視線を落とした俺は、今度こそ。
 目の前が真っ暗になった、錯覚さっかくをした。
「ふっ……。くくく……っ」
 自分の口から、不気味な笑い声がする。でも、そんなことは今更どうでも良い。
 こんな腕になってしまっては。こんな衝動を抱えてしまっては。
「待ってろよ、シルフィアナ。魔物ども」
 ずるり、と引き抜いた腕は、もう視界に入れたりはしない。
「皆殺しだ」
 全部、全部。魔の島の魔物どもは。シルフィアナも。
 俺が、道連れにしてやる。
 きっと、それだけが。
 魔人になりかけている、俺にできる最期の足掻あがき。
 狂ったように。いや、実際、狂いかけながら笑う俺は、腕で脈打つ赤黒い魔紋を全力で無視しようと努めていた。