ギルド長の依頼

「魔の島の調査?」
 思わずそのまま復唱してしまう程度には、厄介やっかいな依頼。
「そう呼ぶ気持ちも解るがな、『聖域』の異変の調査だ」
 恐らく、俺と同じくらい……いや、俺よりも深いしわが刻まれた、ギルド長の眉間。
「一緒でしょう。そりゃかつては聖域だったのかもしれませんけど、今のあそこは魔物であふれ返ってる。魔の島と呼ばれたって、普通に通じますよ」
 そう、かつて『聖域』として伝えられていた島があった。その小ささに反して、豊かな環境を備えた島。
 新たな命のかご、楽園、等々などなど天国のような役目を果たしていたと言われるその島は、けれど今、言葉通りの魔境と化している。魔物が徘徊はいかいする、危険極まりない魔の島だ。
 ただでさえ最近は調子も良くないのに、このギルド長は俺に死ねと言っているのだろうか?
「頼む、この通りだ。最近、どうも調子を崩している奴等が多くてな、誰も依頼を引き受けてくれない。本当は、まだ学生のお前には頼みたくなかったんだが、もう残っている二つ名持ちがお前しかいないんだ」
 手を合わせ、頭を下げてくるギルド長の頭をにらむ。
 こんなに真剣に依頼をされるのは久しぶりだが、俺だって命は惜しい。
「俺だって、そんな調子が良いわけじゃ……。第一、学校はどうするんですか」
「もうすぐ春休みなんだろう? 来週からの期末試験は免除してもらうから、試験期間と春休みを使って行ってくれ」
 校長の許可は貰った。そう続けられると、もう外堀そとぼりは埋められたようなものだ。
 大きな息を一つ。
「相方に聞いてみないことには、何とも言えません」
 大事な使い魔、白銀の竜、シルフィアナ。最近不調な俺以上に、様子がおかしい彼女。
 うなり声を上げることが増えた。思い詰めた様子で俺を見ることも。
 俺の魔法だけでも何とか魔の島でサバイバルはできるだろうが、シルフィアナの調子が良ければ調査はもっと楽にいくだろう。まず、島へと自力で飛んでいくのか、乗せてもらえるかだけでも。
 俺が頭の中で検討し始めたことに気付いたのだろう。ギルド長の雰囲気が、少しゆるんだ。
「ああ、因みに報酬ほうしゅうだがな。お金と魔鉱石、どちらでも好きな方を選べ」
「……随分、太っ腹ですね」
 魔鉱石は同量の金よりもずっと高価なものなのに。そんなものが報酬ほうしゅうになること自体が依頼の難しさを物語っており、俺は憂鬱ゆううつな気分になった。
 俺の眉間に再びしわが寄ったからか、ギルド長があせりだす。
「流石に来年度の全試験免除ができなかったんだから、これくらいはな!」
 この人は、相変わらず、俺の気持ちが解ってない。
 俺が再び嘆息したところで、きっと仕方のないことだろう。
 確かに、昔は特別扱いに快感を得ていた。それは認めよう。
 でもな、過ぎた特別扱いは、厄介事だらけなんだ。
 もう俺は、出しゃばって目立ちたくないんだよ。