結局は異世界にて、魔物の希望となる

 朝陽の昇る頃に、目が覚めた。目覚まし時計なんてないけれど、あまり夜更かしすることがなくなってからは、こんなものだ。
 寝ている間も環境浄化は進んでいるので、起きてからは魔物たちを元に戻す治療。既に幻獣たちの間では噂になっていて、魔物になりかけた段階で、この聖域に来るようになった。そういった外界の噂については、グリフォンが教えてくれる。
(人間たちには、聖域が魔の島になったって言われてるみたい)
 まあ、何も知らなけりゃ、魔物の目指す島なんて怖いよな。魔王復活! とか、騒ぎそうでさえある。
 しかし、やっぱり食べても食べても満腹にはならない。この世界には、まだまだ余剰魔力があふれかえっているのだろう。
「いやぁ、魔物まで救ってくれるなんて、ボクの見込み以上だったよ!」
 時折ふらりと顕現しては、ニコニコと笑う創造神サマ。彼はもう元のオレの姿をしていない。
 いくら姿を交換しても、向こうの力の方が大きすぎるから、そのうち彼の方だけ元の白い姿に戻ってしまうのだとか。ジワジワと変化していく元オレの姿を眺めるのも不気味だったが、慣れた。今は若々しい金髪青年の姿まで変化している。もう少し色が抜けて、もう少し若く変化するだろうことが予想される。
「ふふっ、今回の実験はうまくいったようで良かった。世界ごとやり直すのは面倒だったんだよね」
 空恐ろしい台詞は聞かなかったことにして、空を仰いだ。まさか異世界の存亡がかかってたとは思わなかったけれど、慣れればこの生活も、嫌いじゃない。
 大層すぎる扱いだけは、慣れないけれどな!