やはり間違いなく、魔物は元に戻せる

 魔物と化したグリフォンは、相変わらず雷球やら風刃やらを吐き出しているが、それらはオレの周囲で元の魔力に戻り、そのままオレに吸収されている様子だ。
 つまり、オレに魔法は効かない。えっ、何そのチートっぽい能力。
 グリフォンの身の安全は確保できたものの、魔グリフォンは暴れ狂っているし、グリフォンは泣いているし、何の解決にもなっていない。オレは改めて、相手の大きな体を見上げ、観察しようとした。でも、にごった魔力が、とても邪魔だった。
 食っちゃって良いよな? こんな変なにごり方してるしな?
 取り敢えず周りの分だけでも、と、意識して食べようとすると、ずるずると魔紋からも、変に混ざった魔力が引きり出されてくる。そして魔グリフォンが、ますます暴れ狂う。でも、これって、もし本当に余剰魔力でこんなことになったんなら、いっそ全部吸い出してあげた方が、楽になる……?
 一瞬、今はオレが背後にかばっているグリフォンが、母親にかばわれていた光景が、脳裏をよぎった。そして、それを見透かしたかのように、グリフォンが呟いた。
(ねえ、ぼくのことは気にしなくて良いから、もうパパを楽にしてあげて……)
 こんなにまで気を遣われるなんて、情けない。もう、なるようになれ!
 ジワジワと苦しめるよりは、と、一気ににごった魔力を吸い出してやった。まるで、傷口から一気にうみしぼり出すかのように。
 ギャウ! と、魔グリフォンが叫び、倒れ伏す。一気に魔力を持っていかれれば、生命力が補おうと動くから、一種のショック状態になる。グリフォンで経験したことだ。
 けれど、流石はグリフォン、生きている。そして、オレの推測は当たっていた。
 気絶したグリフォンの、魔紋の色が薄れていたのだ。