やはり間違いなく、周りの期待が重い

 何日も、いや何週間もかけて草原の余剰魔力を食べ、森の余剰魔力を食べ、山の余剰魔力を食べたところで、ここが小さな島だと知った。山の天辺から見た景色は、見事に全面、海につながっていたから。
(この島は聖域って呼ばれてるんだってさ。この世界で一番神様が奇跡をつかわしてくれる場所だから)
 グリフォンが、母親から聞いた知識を教えてくれる。いつの間にか、すっかりオレのお付きになってしまっており、オレが起きて食事をしながら移動していると、どこからともなく飛んでくる。
 いつまでもとは呼べないし、何か良い呼び名があれば良いんだけどな。
(環境の浄化には慣れましたかの)
 頭上で旋回するドラゴンがたずねてくる。オレはただ食事をしているだけなのに、そんな大層に扱われても、戸惑ってしまう。
(お陰で聖域だけは魔物化の心配がなくなって、過ごしやすいですぞ)
 魔物というのは、余剰な魔力で暴走してしまった生き物のことだそうだ。魔紋と呼ばれる模様のようなあざを全身にまとい、痛みのあまりに強力な魔法を連発しながら暴れるらしい。
(誰も魔物になりたくてなるわけではないのです。一度、魔物になってしまうと、討伐とうばつされるまで暴れ続けるケダモノに成り下がる。誰がそれを望みましょうか)
 重い話だと、聞くたびに思う。それを解決するのが自分だと言われるのが、また重い。
 それにしても、魔物を元に戻す方法は、本当にないのだろうか?