彼女の視点・翌朝

 かすかなうめき声で、眠りの世界から引き起こされた。今更こんな至近距離で声がするだなんて、いったい誰だと考える。
 確かに、奴隷だった頃や、一番下っ端だった時は、狭い部屋に雑魚寝ざこねだった。けど、傭兵ようへい部隊のそこそこの地位まで生きび、上り詰めた努力の甲斐かいあって、今はちゃんと一人寝を楽しめていたハズなんだ。昨夜は酒盛りもしていない。
 って、昨夜……昨夜⁉︎
 やっと、目が覚めた。思わず、腕を回している相手の温もりを確かめる。
 誰かと身を寄せ合うようにして眠ったのは……それを望んだのは、本当に、どれだけぶりだろう。
 勝手にアタイのことをあきらめ、消えかけた馬鹿なカノン。なかなか体温の戻らなかったカノン。
 アタイを抱き締めて、「温かいな」なんて切ない笑顔で言われる日が来るだなんて、夢にも思っていなかったけど。そんな状態で、放り出して、帰れなかった。
 さっきの呻き声がカノンのものだとすると、まさか何かあった⁉︎
 飛び起きようとしたところで、逃すものかとばかりに、ギュッと抱き締める力が強くなった。
 ……無意識かワザとか、あざといことしやがって。でも多分、これは起きてるな。
「指揮官殿ー?」
 声を上げるも、反応なし。
「ちょ、起きてるだろ、指揮官殿⁉︎」
 背中をたたく。あまり強く叩くのもどうかと思ったけど、だからといってお返しに拘束こうそく強めるとか、アンタ意外と大人げないんじゃね?
「ああもう! ちょっと苦しいんだよ、カノン‼︎」
 流石に声を荒げたら、今度は素直に腕が解かれた。
 あー、くそっ。今のアタイ、ちょっと涙目になってるかもしれない。
 少しぼやけた視界の中、カノンが朝っぱらからイーイ笑顔で愛をささやく。
「おはよう、私の羽」
 だから、その、朝っぱらから、そんな腰に来そうな声で愛の言葉を口ずさむな!
 ついでに、そんなとろけそうな顔で笑うな!
 喰らいつきたくなるじゃねーか、馬鹿カノン‼︎
「朝から色気を振りまくのは結構だけど、アタイ以外にそんな顔見せるんじゃねーぞ、カノン。一応、アンタは指揮官殿なんだからな」
 せっかく真面目に忠告してやってるのに、カノンときたら、あっさりとうなづいてくる。
「承知した。カノンがそう望むのであれば、是非もない」
 アンタ、もしかして、アタイの言葉なら何でも肯くんじゃないだろうね? ちょいと心配だよ。
「ホントにわかってんのかなぁ……」
 思わずボヤいたら、カノンが真顔になった。
むしろ、有難ありがたい提案だがな。私の羽以外にそばに望む相手などいないのに、要らぬ愛想で争いの火種なぞくものか」
 ヤバい、コイツ、本気だ。
「えーとだな、必要な愛想は振りけよ……?」
「……仕方ない、承知した」
 渋々って感じがよく伝わるくらい、嫌そうな様子。アンタ、そんなに恋愛感情に振り回されてて大丈夫かい?
「わかってもらえてることには安心したけど、別の意味で心配だよアタイ……」
 でも、結局はアンタの問題であって、アタイにはどうしようもないこと。それなら、これ以上この話を続けるのは無しだ。
 カノンの腕から抜け出して立ち上がり、身体を伸ばしほぐす。
「んーっ! 珍しく、イイ朝だねぇ」
 朝にこんなに眠気を引きずらないだなんて、素晴らしい。
「そうか?」
 ルンルンと鼻唄はなうたを歌いたい気分で外に出たら、カノンも髪を手櫛てぐしで後ろに流しながらついてきた。
 だ・か・ら‼︎
 そんな流し目のような表情、すんな!
 朝には強いはずのカノンが、目を瞬かせ、ぬぐっている。これはこれで無防備なすきをついて襲ってしまいたい感じなんだけど、珍しいな。
 そう思ってジッと見ていたら、気付いた。
 気付いてしまった。
「あれ? アンタ、目ぇおかしくね?」
 ひゅっと息を呑んだカノンの目が、正確には、その瞳が、縦に細くなっている。その形そのものにはイヤというほど見覚えがあるけれど、でも、アンタの瞳はこんなんじゃなかったハズだ。
 もっと、まるかったハズで。
 覗き込んでみて確信する、昨日とは絶対に違う。
 なんで、どうして、アタイみたいな目になってる⁉︎
「ああ、やっぱりおかしい。鏡で確認してみなよ」
 カノンはその場で水鏡を作り出し、ふむ、と声をらした。
「……私の方も、混ざったか」
「混ざった?」
「存在……在り方や、魂といったものが」
 どうやら、心当たりそのものはあるらしい。
 けれど、言葉選びがいちいち物騒だ。
「それって混ざったりするものなのか?」
「うむ。羽に対して私たちを混ぜる……というか、分け与えるのは、一般的だ」
 分け与える。一般的。……もしかして、昨夜も。
 削られた魂から、更に?
「大体の場合は、私たちを分け与えても、魔力や寿命が増えるだけだな。羽に焦がれる気持ちが強ければ、上位の存在に押し上げたり、私たちの特性や能力と言われるものの一部が混ざったりすることもあるが……」
 カノンは、ふと考え込む仕草を見せた。だから、アタイの方にも考える時間ができた。
 上位の存在。一尾から二尾に増えた尻尾。
 焦がれる気持ちが強かったら、とカノンは言う。それだけ焦がれていたのに、勝手に諦めて消えかけてるんだから、どんなに考えてもカノンが馬鹿にしか思えない。
 アタイの尻尾を増やすくらい焦がれていたのにもかかわらず、当のアタイの気持ちを察することも確かめることもできずに諦めるんだから、これはもう馬鹿だ。大馬鹿だ。
 増してや、消えかけていたのにアタイに魂なんか分け与えたって? そりゃ、体調の一つや二つくらい、崩すだろうよ。
 そうこう考えている間に、カノンが説明を再開した。
「いずれにせよ、私たちが分け与えることはあっても、逆は滅多にない。もしも多少、影響を受けたとしても、私ほど露骨ろこつあらわれはしない」
 ああ、やっぱり異常なことなのか。
「なんで」
 問いかけに対して、カノンはわずかに口の端を上げた。
 自嘲じちょうのような笑みは、初めて見た。
「まあ、クソくだらないプライドの問題だろうな。私たちは高みにいるべき種族であり、混ざるのは未熟で力のない証拠。一族には相応しくない……と、昔からよく聞かされたものだ」
「けったくそ悪いプライドだな」
「よく考えれば、傲慢ごうまんな考え方なんだがな。引きこもりすぎて、誰にも指摘されないまま歪んだと思われる」
 反射的に吐き捨ててしまったアタイの言葉に、考え方に、当たり前のように同調してくれるカノン。昨日までならもっと、ほこりがどうの、とか口にしてたハズだった。
 考え方すら変わるほど、アタイから受けた影響が強いということか?
 ちょっと待て、エルフがアタイみたいな考え方をして、一族から追放されたりは……。
「って、ちょい待てよ! そうなったら、アンタどうなる? アンタ混ざったんだろ?なんで?」
 言葉があふれて止まらない。
 アンタはもっとかしこく立ち回っていた。立ち回れたハズなんだ。
「理由の方は、恐らく、羽を諦めて自分の存在を否定し、喰われかけたからだろう」
「魂を崩壊させるって有名だけど……」
 喰われかけたって、また穏やかじゃないこと言い出したぞコイツ⁉︎
「なんだ、有名だったのか。なら、話は早い。私の削れた魂を、そなたの存在が補った。その分、深く影響を受けただけだ」
「それって大丈夫なのか?」
「本来は、お互い合意の上で共に影響を受けるのが筋ではないか?」
 あっさり言ってくれるけど……‼︎
 違う、聞きたいのはそっちじゃない。アタイの頭は朝から酷使されすぎて、まともに言葉をひねり出すのも疲れてきた。
 ううぅ、ちくしょう。頭の良いヤツが馬鹿をこじらせると超厄介な存在になるのはよくわかった。
 わかったけど、アンタ、わかってないんだよ……!
「ちげーよ‼︎ いや、まあ、筋の方はわかったけど、アンタは……! 魂が欠けたってことなんだろ。そっちは!」
 カノンは目を見張った。そして、泣き笑いのような顔になった。
「羽の方から飛び込んできてくれたから、完全に手遅れになる前に生き延びた」
「どんだけ心臓に悪かったか、わかってんだろうな⁉︎」
「愚かだったよ。今でも、馬鹿だ。だが、おかげで深く混ざれた。それが幸せだ」
 それで消えかけてるくせに何が幸せだ、とか。深く混ざりすぎたら、今後困るんじゃないか、とか。アタイの気持ちももっと察しろよ、とか。本当に愚かとか馬鹿の意味をわかって言ってるのか、とか。
 言いたいことが山積みにされすぎて、一つしかない口からは一言しぼり出すのが精一杯だった。
「馬鹿」
 この場で衝動しょうどうに任せてぶん殴らなかっただけ、アタイの方も確かに影響を受けている、気がする。にぎめたこぶしから力を抜いてプラプラさせて、深呼吸。
「もう、どーすんだよ」
「どうするかな……。いっそ、愛の逃避行とやらも、悪くあるまい」
 断じて、き物の落ちたような、いっそ清々しいまでの笑顔で提案する内容じゃない。そういった乙女の恋物語にはうとい種族だと認識していたのに、アタイまで馬鹿になったみたいに翻弄ほんろうされる。
 ……はっ‼︎ これがアレか! とっても情熱的でロマンティックなうわさの実態か‼︎
 えええー、どんな二重人格だよ……。
「アンタ、一気に人格崩壊させすぎだよ」
 現実逃避的にボヤいたら、カノンがニヤリとした。
 今までのクールだけどお人形さんみたいなカノンでは見られなかった、少し悪ぶった野性味のある笑顔。昨日からレアな顔ばかりで、頭だけじゃなくて胸までキュンキュンして、もういっぱいいっぱいだ。
「だが、きっと今の私なら酒が飲めるぞ?」
 今なら酒が飲める、だと?
「むしろ、元々飲めなかった事実の方が驚きなんだけど。んじゃ、今夜あたり、飲んでみるかい?」
「そうだな」
 お互いに顔を見合わせて、笑う。昨日まで、妄想してみても結局、非現実的だと笑い飛ばしていたような夢が、現実にあった。
「ふふっ、今夜が楽しみだ」
 昨日からずーっと怒涛どとうの展開で、ぶっちゃけ今後も夢想していた以上の日々が始まる予感しかしない。
 それでも構わない。いや、むしろ望むところだ。
 手に入れたいと願っていた輝きを、手に入れられた。二人一緒なら、どんな嵐だって乗り切ってみせるさ。