彼女の視点・夜

 おかしい。
 何がおかしいって、指揮官殿が夕食も無視して天幕に引きこもっているのがおかしい。
 最初の頃はふとした拍子に引きこもっていたらしいけど、最近は食事には顔を出していたはずなのに。
 誰も気にしていない……というか、アタイとの約束があるから待ってんじゃねーの、なんて言われる始末だったので、アタイは腰を上げた。
 ちげーよ、バカ。
 アイツは、律儀りちぎなヤツだ。アタイとの約束があるなら時間は決めるし、守れなければ声を掛けに来るくらいの真面目君なんだよ。
 アイツのように光を魔法で維持するなんて芸当ができないので、警戒させないために手にあかりを持った。別に夜でも星の光があれば十分に思うし、くもっていたとしても音や匂いで何とかなるんだけどね。でも、ここは指揮官殿を筆頭に、夜目のかない種族も多いから。
 久々に何か考えるコトでもあったのか、目を伏せたまま微動だにしない指揮官殿。
 やっと立ち上がりかけて、近付くアタイに気付いたらしく、また中途半端なところで動きを止めた。
 上下する喉が、なまめかしい。むしゃぶりつきたいくらい、色っぽい。
「そういえば、おごらねばならなかったな」
 かすれて色気ある声も、普段なら大歓迎。
 だけれど、よっぽど一人で居たかったのだろう。肩をすくめる動作も、アタイを気遣きづかう声も、精彩せいさいに欠けている。
 そんな相手をどうこうしようだなんて、考えられないよ。
「はんっ、そのつもりで来たけど、興醒きょうざめだ。今の腑抜ふぬけたツラしてるアンタになんか、タカるもんかい」
 ゆらゆらと瞳が揺れているように見えるのは、きっと灯りのせい。
「腑抜けた……か」
 呟いた指揮官殿が、再び思考の海にもぐる。
 潜って潜って、アタイを置いて……。
 ……ねぇ、アンタ、どこまで潜るつもりだい?
 気のせい。
 気のせいだ。
 アンタ、どんどん存在感を失ってないか⁉︎
「カノン」
 今のは、どっちの言葉。
「カノン?」
 応えたのは、誰。
 気のせいじゃない。
 白い肌から、更に血の気が引いて。
 蒼褪あおざめた表情、目の焦点が合ってない。
 思わず手を伸ばし、肩をつかもうとして。
 指揮官殿が、首を横に振る。
「そうか、ならば行くが良い。……私には、過ぎた相手だった」
 何それ、どういうこと。
 言葉の意味が、理解できない。
 そしてその次にささやかれた言葉に、アタイまで血の気が引いた。
「私の羽」
 ちょっと待て。
 頼むから、待って。
 それ、ひょっとしなくても、エルフの最大級の求愛の言葉……⁉︎
 かつては羽を持っていたと言われるエルフ。失われた羽を求める習性だけが、唯一の本能なんじゃないかって言われてたエルフ。
 ……羽をあきらめた瞬間、魂を崩壊させてしまうエルフ。
 一瞬にして思い出した伝承に、さっきの言葉が木霊こだまする。
「ああぁ、もう、バッカじゃねーの⁉︎」
 つまり、アンタはアタイを諦めたわけだ。
「勝手に告白して、返事も聞かずに勝手に絶望とか、ざっけんじゃない!」
 せめて、アタイの返事を聞いてくれれば良かった。だったら、決してこんなことにはならなかったのに。
 もう躊躇ちゅうちょしない。
 できない。
 抱き締めた身体は既に冷え切っていて。アタイの全力を相手に、痛いとも言わないし、振り払いもしない。
 天をあおぐ瞳は、何も映さない。
 イヤだ、イヤだよ、カノン。
 どうして、勝手に諦めたんだ。
「馬鹿バカっ、逝くなよカノン、戻ってこいったら……‼︎」
 泣いてもわめいても、カノンが羽を諦めた事実は変わらない。
 でもせめて、せめて命を引き留めたい。
 魂まで引き戻せなくても、アタイだってアンタを愛してるんだと、伝えたかった。
 重ねた唇も、氷のよう。
 ああ、こんなふうに、物言わぬ相手に口付けたかったんじゃない。
 かなしみにあふれてそっと顔を離すと、何となく、視線があったような気がした。
 気のせいかもしれない。けれど、気のせいでも、もういい。
 諦めた命なら。捨て去るというのならば。
「消え去るくらいならアタイのモノになれ、カノン」
 本音を取りつくろうこともせずに言えば、思わぬ返事が聞こえた。
「ああ、カノン。私の羽。この命ちるまで、そなたにささげよう」
 もう二度と聞けないと思っていた声。歓喜かんきに、身体が震える。
 てか、アタイも相当開き直ったと思ってたけど、アンタも大概だな! 命朽ちるまで捧げるとか……気障きざすぎて、毛が逆立つっての。
 そんでもって、もうとろけんばかりの笑顔まで向けられたら、アタイの理性がヤバい。
「そ、その笑顔は反則だろ、カノン……!」
 普段の仏頂面ぶっちょうづらは、どこに行った。
「知らぬ」
 だから、そんな可愛かわいい顔でねるな!
「見ろよ、アタイの尻尾まで……」
 毛が逆立……って?
 え?
 ええ?
「アタイの尻尾が増えてるー⁉︎」
 猫獣人の尻尾は、基本的に一尾。二尾の猫獣人、というか、猫又はめずらしい。
 もっと具体的に言えば、魔法の素養を持つ猫獣人が長生きして、やっと、猫又になる可能性があるって聞いたことがある。
 聞いたことがあるだけだ。実際に見たことなんてない。
 増してや、魔法の才能がからっきしで更に若いアタイが、いきなり二尾になるなんてありえない……!
 なのにカノンは、あっさりとした反応だった。
「当然だ」
「何が⁉︎」
「私の命を捧げると言ったぞ。それくらいの変化を起こしてもらわないと、寿命の差を埋められないではないか」
「……流石、神秘の種族。アンタ等って結局、強いんだがはかないんだが、もうアタイ深く考えない方が良い気がしてきた」
 精神的にはフラれた程度で消滅するくせに、なんだそのデタラメ。
「それが賢明だな」
 尊大そんだいうなづくカノンは、何かを吹っ切ったのか、アタイを抱き返してきた。その手足は、まだゾッとするほど冷たい。
 何がどうなってこうなったのか、もう訳わかんないけど。
 結果だけ見れば、アタイら両片想いが通じたってことで、一応めでたしめでたしなのかな?