堕天使

「バカバカ、この大馬鹿っ!」
 天音にぃはご立腹だ。飛行実験と飛行訓練の後、何故か天音にぃの自室に呼び出されたから、何事かと思った。
 ご立腹そうな天音にぃだけど、普段なら怖いけれど、今は全然怖くない。部屋に入るなり抱き締められてのお言葉じゃ、裏の本音が違うところにありそうなのがバレバレだ。こういうところ、天音にぃは甘い。というか、幼い。天音にぃの方が年上のはずなのに、拗ねている詩音を相手している気分になる。
「どうして僕があんなにお膳立てしてあげたのに、逃げないのさ!?」
 道理で訓練コースが面白かった訳だけれど、はて、逃げるとは?
 疑問がそのまま口から出ていたらしい。頭の上の天音にぃが、眉間にしわを寄せた。
「自由になりたかったんじゃないの?」
 何のことか解らず、見上げたまま首を傾げたら、今度は深々と嘆息された。
「空の上はさぞかし自由なのだろうなって言って、空を飛びたがってたじゃん。だから。璃音ももう賢いから解ってるでしょ。このままここにいたら、下手したら一生僕と一緒に実験漬けだよ」
「天音にぃとなら、問題ないな」
「僕とならって……えっ、ちょ、璃音!?」
 とてもくだらない問題だったみたいなので、お返しに天音にぃをぎゅっとしてやったら、見事にパニックになった声が聞こえた。
「というか、天音にぃじゃなきゃ、イヤだ。天音にぃがいるから戻ってきたのに」
 天音にぃにも誰かがいないと可哀想だ。と結構前から思っているのは、黙っておく。天音にぃはきっと、側にいてくれる誰かをずっと狂おしく求めている。そして、自分も、また。だから、ちょうど良いのではないだろうか。
「天音にぃは、自分がいては不満か?」
 上目遣いに見上げたら、天音にぃが撃沈した。
「何だよ、もう。本当に天使が堕天してる……」