堕天使の素体

 天音にぃは、キレイなものが好きだと思う。
 目の前に佇む、未来の自分の素体を見て思う。
 鏡で見ている自分の面影はある。けれどそれ以上に目の前のこの人形は端正に整った顔立ちをしていて、果たして自分が後にこの顔になるのかと思うと、背筋がむず痒くなる。
 背部から広げられた翼も相まって、なるほど【堕天使】というのも頷ける。美しい顔をしながら、背に翼を負いながら、それら全てが人造の紛い物とあれば。
 さらりとした手触りの、素体の髪を手に取る。自分の髪がアルビノ特有の白色なのに対して、この素体の髪は瑠璃色だ。髪と翼に光発電のユニットを組み込んでいるため、濃い色の方が良いのだという。
『璃音の漢字が入っているから、瑠璃色にしようか』
 天音にぃの楽しそうな声が脳裏に甦り、思わず目を伏せた。最近、天音にぃに避けられている気がする。もう名前を呼ばれることはないだろうなと覚悟はしていたけれど、まさか話すことそのものが減るとは思わなかった。
 自分の言葉で傷つけてしまったのだろう。あのとき、希望を聞かれたあのとき。
 何も言わず、黙っていれば良かった。傷つける予感すらあったのだから、浮かれて過去の夢を思わず語ってしまわず、ただ黙っていれば良かったのに。
 帰る場所など、此処より他はもう喪ってしまったも同然。永遠に空を飛びたいわけでもなし。
 今はただ、天音にぃの声が恋しい。寂しい。
 天音にぃも寂しいと思うのに、今までの積み重ねできっと、こじらせることしか知らないのだろう。話しかけに行きたいのに、ずっと避けられてしまっては、仲直りをする機会もない。
 手に取った髪の房に、そっと額を押しつけた。天音にぃの存在を少しでも感じられる存在に、縋り付きたかった。