実験の足音

 幸崎天音が、ニンマリと笑っている。
「そろそろ、璃音の実験の話をしよう」
 もう、実験の内容は、他の被験者で何度も見てきた。人間を機械人形に変える実験だ。
 実験が成功しようがしまいが、自分は詩音の元には帰られなかっただろう。そんな、実験。
 幸崎博士は嬉々として、天音にぃは悲しみを隠して。だから、幸崎天音がニンマリと笑っている。
「璃音はどんな能力が欲しいのかな? 誰にも傷つけられない頑丈な身体? 誰よりも賢い頭?」
 否定の意を込めて首を振ったら、幸崎博士が片眉を上げた。
「ふうん?」
「日光で爛れない程度の丈夫さで良い。これ以上のお勉強も、要らない。でも」
 天音にぃは、この夢を聞いたら、きっと傷つくのだろう。でも。
「空を飛びたかった。ずっとずっと、昔から。空の上はさぞかし自由なのだろうなって、あの色とりどりの天球を心行くまで満喫できたらなって、スクラップ場の片隅から、ずっと憧れていた」
「なるほどなるほど、空を飛ぶのは確かに昔からの浪漫だ」
 ニンマリにまにま、幸崎天音は笑う。
「では、君の実験用コードネームは【天使】、いや、せっかくだから【堕天使】としよう。いいね、【堕天使】?」
「幸崎博士の、仰せのままに」
 もう、幸崎博士が璃音という自分の名を呼ぶことはないだろう。天音にぃも、きっと。
「……そんなに僕から逃げたかった? 璃音」
 一礼して部屋を去ろうとしたときに、何かが聞こえた気がした。