まるで水槽の中

 こぽ、こぽぽ。
 気泡音を子守唄代わりに聞きながら、意識は微睡みよりも深く沈んでいる、自覚があった。
 思考がまとまる気配もなく散り散りで、自身の置かれている状況すら把握できない。身体の感覚が酷くあやふやで、目を開いているのか、それとも閉じているのかでさえも、自信が持てなかった。
 遠くで誰かと誰かが言い争っているような気がする。
 いや、正確には、誰かが誰かに食って掛かっているように思えた。しかも、思ったほど遠くはない。分厚い硝子の壁を隔てているだけで。
 自分のこともよく分からないのに、何故だかその二人のやりとりは知覚できる。気がする。
 よくよく考えたら、奇妙なことだ。身体を離れて、これではまるで、幽体離脱ではないか。
 吸い寄せられるように、ふらふら、ふわふわと壁を通り抜けて二人組に近付けば、褪せていた視界に色が戻ってきた、気がした。
 瑠璃色の髪の子供が、少し紅がかった茶髪の子供に何かを訴えている。そして、どちらの顔にも、なんとなく見覚えがあった。
 いや、なんとなくどころではない。だって、彼等は。自分は。
 一気に蓋をしていた記憶が溢れ出しそうになり、浮上しかけていた意識が悲鳴を上げた。
 ずぶりと無意識の沼底に引きずり込まれて、二人の姿が急速に遠ざかっていく。
 咄嗟に伸ばした腕は、何処に届くこともなく。
 ああ、沈む。呑み込まれてしまう。
 こぽり、こぽ。