『かくて月夜に騒ぎを起こす』救出劇は成功した

 龍神警備会社の社長邸にて、最終点呼が行われる。
 詩音の救出に出掛けたメンバーは、総員無事。誰一人欠けることなく、詩音を連れ帰ってきた。
 詩音については残念ながら体の衰弱が激しく、医療用培養槽から当面出られそうにないが、それでも囚われ続けていたら衰弱がより進行していただろうことは想像に難くない。今後の療養について、朝以降に検討することとなった。
「全員無事で、何よりだ」
 肩の力を抜きながら、耀夜が労う。
「夜も遅いし、一旦解散して寝ようじゃないか。細かい後始末など、後からでも良いだろう」
 その言葉に一般社員たちは各々去って行き、会議室に残ったのは耀夜以外では絡繰師の三人と風薫、真理亜に聖也といった顔馴染みの面子、そして救出された詩音のみとなった。
「詩音はどこに居て貰おうか。璃音と同じ客間で問題ないか?」
 兄妹で積もる話もあるだろうし、と耀夜は気遣う。
「そうだね、それが良いんじゃないかな」
 璃音が答える前に天音が軽い調子で言い放ち、何か言いたげな璃音も結局、躊躇う様子は隠せていなかったが頷いた。
「それにしても、長かったねえ! 絶対無理だと思っていたのに、こんなにあっさり詩音を助け出せて、本当に龍神警備会社様々だよ」
「あ、ああ。皆には、感謝している」
 感無量の天音に続き、未だ戸惑いつつも璃音が礼を述べる。
「私からも、ありがとうございます」
 奏音もぺこりと頭を下げ、詩音の医療用培養槽からモニターに文字が映し出された。
『みんな、ありがとう』
 相好を崩しつつ、耀夜は応えた。
「どういたしまして」
 それは、それまで巷に溢れがちであった一つの事件に端を発した、大きな騒動の締め括りの言葉でもあった。