『かくて地固まる』プログラマーたち

 メンテナンスの順番としては、先ずは奏音が天音を軽く確認してバグがなければ奏音の修理と点検がその次。天音のバグの原因探しには時間がかかる可能性が高いのと、バグを起こしにくいプログラムで雰囲気を掴む方が良いだろうということで、天音の本格的なデバッグは最後となった。
 天音をじっと見つめていた奏音が、頷く。今の天音は特に暴走状態にはなく、予定通り奏音の作業から取りかかることが決まった瞬間だ。
「傍から見ていても、全く判らないっすね」
 聖也が言う判らないとは、奏音が通信し、機械のプログラムに干渉しているかどうかが外から見ていても判断できないと言う意味。
「電波は結構出てるみたいよ?」
 眼鏡型の端末を装着している風薫は、宙を飛び交う電波の様子を観察していたらしい。何処までも抜け目のない情報屋である。
「それでは、お願いしますね」
 奏音はそのまま急拵えの作業台に上がり、体を横たえる。まもなく、完全に電源を落としたのだろう。人間の擬態として行っていた呼吸も含め、一切の動きを止めた。
 文字通りの人形と化した奏音のうなじ付近を天音が触り、ずるりとケーブルを引きずり出す。端子を聖也の商売道具に繋げば、画面に大量の文字が躍った。
「一応、注釈は付いているんっすね?」
 意外そうな面持ちで呟く聖也の目は画面から離れない。
「うん、いつ何時、何が起こるか判らないからね。ボクが書いた部分には解るように注釈を付けたんだ。ただ、問題は思考を担当している部分なんだよ」
 天音が言うのとほぼ同時に、聖也の眉間に皺が寄る。
「ここは直ぐに変わっていくんだ。幾つかのパターンはあるみたいなんだけれど、正直、プログラミングはボクも勉強途中だったから」
「なるほど、これは大仕事になりそうっす」
 画面に没頭し始めた聖也と天音を見守っていた璃音は、視線を感じて向きを変えた。視線の主、風薫は、奏音のプログラムが表示された画面ではなく、璃音をひたと見据えていた。