『かくて地固まる』常識外れたち

 璃音が連れてきた天音は、本来の幸崎博士よりも若かった。等身大で作るには当時部品が足りていなかったというのが本人の弁である。
「それに、璃音とお揃いに作れると思ったら、無理して大きくする必要なんかないかなって」
 にこにこと笑いながら言う天音は、一見すると無邪気な子供そのものだ。
「ごめんねぇ、奏音。今回は結構、苦労掛けちゃったね」
「いえ、天音兄さんの暴走を押さえるのが私の仕事ですから。私こそ、直ぐに察知できなくてすみませんでした」
 奏音と互いに謝った後に、天音は口を尖らせる。
「奏音、最近ずっと口調堅いよね。昔みたいに、もっと偉そうな感じでも良いのに」
 奏音は嫌そうな顔をした。
「勘弁してください。あの口調が嫌だから、話し方を変えようと思って頑張っているんです」
 普段からの遣り取りなのだろう。天音はそれ以上奏音の口調について言及することなく、再度龍神警備会社の面々に向き合った。
「今回は奏音とボクのメンテナンスをしてくれるってことで来たんだけど、まさか此処ではしないよね? どの部屋に行けば良いのかな?」
「あ、それは俺の作業部屋っすね。こっちっす」
 聖也に連れられ、奏音の泊まっていた客間から聖也の仕事部屋へと移動する一行。
 立派なお屋敷だとはしゃぐ天音の様子は年齢相応、むしろもう少し幼い少年のようだったが、聖也の部屋に着いた瞬間、その眼差しが鋭くなった。
「なかなか良い感じにコンピューター揃えてるんじゃん」
 聖也は目を見張った。
「わかるっすか」
「そりゃ、機械弄りずっとやってたしね。やっぱり、本職の部屋は違うよね。奏音は逆にそういう経験無いし、奏音自身の性能が良すぎるから、此処の凄さが解っていないかも」
 言われて聖也は奏音を振り返ったが、確かにきょとんとした様子で特に感銘を受けた風でもない。天音はちょいちょいと奏音を手招きして呼び寄せ、如何にこの部屋が世間一般の最先端技術を使っているかを説明しだした。
 ほぼ一瞥しただけでそれらを識別した天音も大概だと呆れる聖也。耀夜と真理亜は勝手知ったる聖也の部屋にさっさと入り、璃音が担いできた荷物を解くのを手伝っている。風薫は風薫で、いつの間にかちゃっかりと天音の解説に聞き入っていた。