『かくて歯車は集う』メンテナンス

 感謝をされた方の耀夜は、朗らかに笑った。
「助けになったのなら、それが私の救いだ。修理に設備が必要なら、奏音は帰るべきだな?」
 頭を抱えていた奏音が、更に衝撃を受けた様子で耀夜を見上げる。璃音もまた、考え込むような素振りを見せた。
「躰の方の修理は、正直、天音にぃがいて部品があれば、何とかなる気がする。けれど、この際、奏音にもシステムチェックが必要かもしれないと思っている。我々のシステムメンテナンスは奏音の役割だけれど、奏音のメンテナンスは天音にぃが万全の状態でやっと行えるかどうか」
「天音にぃってさっきから言ってるの、もしかして幸崎天音博士のこと!?」
 好奇心を抑えきれずに割り込む風薫を奏音が再度睨み付け、璃音は苦笑いした。言葉にせずとも、それが答えを物語っている。
「幸崎博士は、組織から粛正されて、研究所ごと潰された。奏音が天音にぃの唯一の例外なのは、色々と事情が重なってのことだから、もう絡繰子が増えることはないだろう」
「えーと、璃音兄さん、個人的にはもう一人、候補いますけど」
 奏音の指摘に、璃音は表情を曇らせた。
「そうだな。候補、ではあるか」
「もうちょっと詳しい居場所と、もうちょっとの戦力が欲しいんですけどね」
「それは我々の問題だから、一旦置いておくか。奏音、ここの技術士は、どうだった?」
 璃音は強引に話を戻し、奏音は表情を緩めて視線を聖也に移す。そのまま奏音が動かなくなったので、耀夜は璃音に問い掛けた。
「当方の技術士、が何か?」
「奏音さえ良ければ、メンテナンスしてもらうのはどうかと思ったのだが、その技術力は如何ほどかと」
 凄い話が目の前で繰り広げられているなぁと半ば現実逃避気味に傍観していた筈が、一気に話題の中心に据えられた聖也が、酷く狼狽している。そして、みっともないとばかりに、真理亜から拳骨を下されている。