『かくて明らかになる』風薫の執念

 白華の泊まっていた部屋は綺麗に片付けられており、生活感に乏しかった。
「本当にここに泊めていたんでしょうね」
「今更嘘吐いてどうするっすか。疑うならクローゼット見てくださいよ。服入ってるっすよ」
 後ろ手に縛られている聖也がふてくされたようにぼやくのを横目に、風薫はクローゼットの中身を検め、確かに年頃の少女向けの服が大半を占めていることを確認した。
「なるほど、そうね。じゃあ次は、この部屋の監視カメラの映像よ」
 聖也の表情が険しくなる。
「流石にそんなもん、ほいほい見せられないっすね」
「あは、剣呑な顔しちゃって。でも、もう遅いわ」
 風薫は眼鏡型の端末を装着した。セキュリティシステムの乗っ取りは無理でも、監視カメラの映像を盗むくらいなら可能だろうという彼女なりの自負が、風薫の自信に満ちた晴れやかな笑顔を裏打ちしていた。けれど、その表情は徐々に曇り、ついには聖也にチラチラと視線を向けるようになる。
「ねえ、聖也」
 彼女の言いたいことを察しながらも、聖也は風薫の呼びかけを無視する。先に非友好的な態度に出たのは風薫の方なのだから、精々同じように困れば良いとすら思った。
「既に映像が消去されているのは、どうしてよ」
 流石、アンジェの嬢ちゃん。抜け目ないなー。と、心の中だけで返事をする聖也。記録の消去は確かに大問題ではあるが、相手のことを考えると、むしろそれだけで済ませてくれたのか、という感嘆の念すらある。日頃の耀夜の友好的な態度に絆されてくれていたのだとすれば、なお嬉しい。
 なおも未練がましく端末の画面を睨み付けていた風薫だが、それで情報が出てくるでもなく、聖也も何も言わない。
「まあ、それなら仕方ないわね。せっかく持ってきてる、対絡繰師用の罠でも仕掛けようかしら」
 露台に出てゴソゴソと何かを設置しだした情報屋に、聖也は思わず沈黙を破った。
「風薫ちゃん、どんどん立派な犯罪者になってるっすね」
「うるさい。そんなもの、絡繰師を捕まえられたらそれでチャラになるじゃない。大丈夫よ、空から来ない限り、この網に引っ掛かる事なんてないんだから。虫除けが増えたと思って、感謝する事ね」
 うわあ、開き直った。他人の家に勝手に物を仕掛けるのは言い逃れようのない犯罪行為であるにもかかわらず、感謝まで要求された。などとぼんやり現実逃避する聖也は知らなかった。
 風薫の狙っている絡繰師の一員、璃音が、部品を取って戻ってくると約束しているという事実を。