『かくて暴かれるのは』風薫の来訪

「関係は大いにありますが、私の能力故に頂いたわけではないのです」
 語る白華の表情は憂いに沈み、視線はどこか遠くを見ているよう。
「もし、私がハッキングが得意ではなかったとしても、きっと同じく、場所は頂いていたでしょう。逆に、ハッキングだけが得意でも、ザイオンサーバーには容易に入り込めないと思います。向こうにも、意思がありますからね。意に沿わぬ事には、ある程度は抵抗されるでしょう」
 不思議な物言いだと、耀夜は思った。白華の語り口調では、まるで。
「ザイオンサーバーとは、知り合いなのか」
「ザイオンサーバーは、絡繰師に注目していますからね」
 ザイオンサーバーの真の姿と、絡繰師との関係。もしも全て明かしたら、耀夜はどう反応するだろうかと白華は想像する。
 荒唐無稽だと一笑に付すだろうか。それとも。
 白華に手を差し伸べたように、助けてはくれないだろうか?
 いずれにせよ、白華の一存だけで話せるような内容でもない。少なくとも本人と、璃音には承諾を得る必要がある。
「あー、すんません。一旦、抜けるっす」
 書記をしていた筈の聖也が、決まり悪そうに割り込んだ。
「どうした、聖也」
「俺にお客さんが来たらしくって、ちょっと相手してこなくちゃなーって」
 耀夜に告げる聖也の片手には、携帯通信端末がある。白華が通信網の掌握を放棄しているため、今は通信も完全に正常化していた。
「お客?」
「風薫ちゃんって言えば解るっすか?」
「ああ、あの子か」
 情報屋の少女のことは、耀夜も知っている。確かに、いくら白華の尋問中とはいえ、おろそかにしても良い相手ではなかった。
「いいぞ、行ってこい」
 上司の許可を得て、そそくさと耀夜の書斎を去る聖也。
 フウカ、と呼ばれる、恐らくは女性。どこかで記憶に引っかかり、白華はそれを検索した。そして、その姿にそっと、息を呑む。だから記憶に引っかかったのだなと、納得もしたが。