『かくて暴かれるのは』白華の正体

 唐突に開いた扉に、耀夜と、咄嗟に倒れそうになった彼女を支えた真理亜が体勢を崩しながらも部屋に傾れ込む。
 露台から手ぶらで飛び立つ、翼持つ長髪の子供の影。堕天使が飛び去った部屋には、あの見事な亜麻色の髪を持つ少女の姿はなく。
 けれど、涅色の髪を持つ子供が露台に佇んでいた。
「そこの貴方、動かないことですね!」
 そう威嚇した後の真理亜の行動は早かった。即座に体勢を立て直し、不審な子供を露台から室内に引きずり込み、床に押さえつける。その一連の動きはプロフェッショナル特有の流れるような、一切の無駄もない見事なものだ。
 押さえ込まれた子供の方は、声すら出ない。いや。奇妙なことに、出さないのだと、真理亜は感じた。身の危険をこの上なく感じている筈の状況下にもかかわらず、抵抗の素振りは全く見せなかった。一般人であれば反射的にでももがきそうなものだが、それさえせずに、完全に為されるがまま。
 ますます眉間の皺を深くする真理亜の背後から子供を観察した耀夜は気付いた。微かに見覚えのある服装。地味な色の短髪の下から覗く、一筋の淡い耀き。亜麻色の、すなわち白華の髪の色。
「そうか、道理で……」
 警備会社の社長宅のセキュリティシステムに介入できるほどのハッキング技術を持ち、恐らくは電脳世界にも明るい。絡繰師の起こす事件を誰よりも早く察知し、絡繰師が直々に迎えに来る人物。
 大きな勘違いをしていたと、耀夜は悟った。絡繰師にとって、アンジェのハンドルネームを持つ少女は決して邪魔者なんかではない。むしろ、彼女こそが。
「一人は、実在すら定かではない、か。すっかり、失念していたな」
 意を決して真理亜の横から子供の涅色の髪に手を伸ばし、引っ張るとそれはいとも容易く耀夜の手に収まった。
「ああ、やはり鬘か」
 しかし一方で、その涅色の鬘があるのとないのとでは、白華の雰囲気には大きな隔たりがあった。広がる亜麻色の髪と、それに伴う雰囲気の変化に、完全に予想していたはずの耀夜ですら目を見張ったし、真理亜は一瞬白華を押さえる力が弱くなった。とは言っても、次の瞬間には前以上の力で押さえつけたのだが。
「白華」
 呼びかければ、白華が動かぬまま、視線だけを耀夜に向けた。普段なら落ち着きなく揺れて、直ぐに逸らされる目が、今は静かに耀夜を映して動かない。
「お前、もしかして、アレだな? 絡繰師の、三人目」
 目を剥く真理亜の下で、白華は一度だけ首を動かした。
 肯定だ。
「驚いたな。てっきり、都市伝説の一つで、実在なんかしないと思っていたが」