『かくて耀夜は白華を構う』ハッカーの白華

 そして案の定、騒動は起こった。耀夜の予想を斜め上に行く方向で。
 携帯用の小さいものとはいえ、通信端末を手に入れた白華。耀夜に内緒で通信履歴を監視していた聖也によると、最初に行ったことはショッピングモール半壊事件のニュースの確認だった。その後、電脳掲示板に向かったので、ハンドルネームが判明するかと聖也は期待したのだが。
 通信履歴にエラーが発生して、幾つかの履歴が読めなくなった。
 ピンポイントで狙ったように発生したエラーに聖也が首を傾げたそのとき、彼の本来の業務を管理している画面が一瞬だけノイズを発した。
 常人ならば見逃していたかもしれないほどの、ほんの僅かな間の出来事。しかし、聖也はその道の精鋭だった。
 慌てて耀夜のセキュリティシステムの管理画面を確認し、履歴を追う。重大なエラーログ無し、監視カメラ異常なし、トラップへの侵入者無し、各部屋の電子錠は、
「客間が閉まってるっすね?」
 白華の居る部屋が、施錠されている。これは、異常なことだ。
 通常の手順に従って解錠しようとしていた聖也の手が、止まった。
「コマンドを受け付けない?」
 このときに至って、聖也は気付いた。
「えっ、これ、ハッキングされたってことっすか!?」
 犯人の心当たりは、当然、一人しかいない。白華だ。
「やっぱり厄介の種じゃないっすか、あのお嬢ちゃん!」
 頭を抱えつつも、専属警護の姉、真理亜を通じて耀夜への連絡を行う。
 再度エラーログを、今度は軽微なものまで含めて確認すると、仕様にはない信号を受信した形跡があった。通常は、重大なエラーとして警告音が鳴るはずの案件。しかし、ほぼ同時にエラーそのものが誤魔化されていたため、一瞬のノイズにしかならなかったのだろう。
 強敵の予感に、聖也の背筋がゾクゾクとする。
 騒動の始まりだった。