『かくて騒ぎが持ち上がる』機械仕掛けの人形たち

 それは、狂った研究者の作品群、哀しき被害者たちの総称と言われている。
 一人一人に何かしらの特技が付与された、機械仕掛けの人形たち。早々に粛正された研究者の作品は多くはなく、それぞれにコードネームが与えられている。
 因みに天音と奏音に至っては、その中でも更にイレギュラー扱いされる代物だ。何せ、幸崎天音博士は粛正された張本人であるし、奏音は完全非公式な、天音の死後の作品になる。
 粛正を逃れるべく自身を機械人形に改造したものの、肝心の精神プログラムに不備をきたして暴走してしまう天音を抑えるのが、奏音の主な役割だ。それ故に、奏音には強力なハッキング能力が備えられている。
 人外レベルも当然、そういう風に作られた人外なのである。
 ショッピングモールにて陶然と笑いながら破壊を撒き散らしている天音をようやく視界内に収め、奏音は本格的にその思考プログラムへの介入を開始した。
 奏音にすれば人間は苦手だし、いっそ天音本人が一通り暴れ終わってからの方が仕事は楽だ。動き回るターゲットを捉え続けるのは、主に物理的に負担がかかる。
 それでも正気に戻った天音が後悔し、それを見た璃音が悲しむから、奏音は事態の早期収拾を図る。特に、璃音の涙はいけない。璃音はあらゆる意味で奏音の恩人だし、天音も璃音には甘いため、絡繰師内では璃音の意見が通りやすい。その璃音が涙した日には、推して知るべしである。
 天音の陶然とした笑顔が凍り付き、その動きも鈍り始めた。手応えを感じた奏音は更にハッキングに集中し、結果、己の身の安全確保を怠った。
「奏音!」
 我を取り戻した天音が警告したときには、既に遅く。
 崩落する建物の鉄骨やコンクリートが、奏音に襲いかかっていた。