タグ: イベント

いちたみ4感想速報!

 はいっ、昨日でした!! 一次創作の民集まれ!の、4回目。皆さまは参加されましたか?

 今回のイベント、実はわーさんは、運営手伝いの一人として参加していました! 幾つかイラスト提供もしたので、そこから気付いた方もいれば、当日スタッフとして動き回っているのを見て知った方もいるかもしれません。半年ほど前に主催のころやさんに誘われて、微力ながら頑張っていました。

 今回の記事は長くなりますので、一覧からは畳んでおこうかなと思います。
 運営手伝いとして見てきたアレコレについて触れますので、完全に内輪向け記事とはなりますが、気になる方は続きからどうぞ。

続きを読む

今週末がいちたみです。

 ドタバタしている間に、もう迫ってきましたよ。一次創作の民集まれ!の、4回目が。

 8月28日(日)です! わーさんは、運営さんのお手伝いもしているので、多分ほぼ1日、DiscordかVR会場にいると思いますよー。

 いちたみさんはイベント内企画も色々あるので、是非とも楽しんで欲しいですねぇ。まるっと1日、企画尽くしにできるのは、オンラインならではかもしれません。

 なお、新刊ですが、結局『絡繰異聞』の副読本(第二版)の電子データとなりました。『玉石パペットと宝石華』は、ちょっと間に合わなかった。
 第八回文学フリマ福岡までには、何か物理本出せたら良いですねぇ……。

 さて、今後のイベントの予定としては、以下になります。

 いちたみさんは、上で述べた通りですね。翌週は、占いグッズを自作して遊んでることについて、夜見ベルノさんの書架にておしゃべり予定です。

 そのまた次の週は、上手くいけば新企画が開始できるかもしれません。そして、そこ文さんには、『十二ヶ月の彩り』と『カノンカノン』を出してます。『カノンカノン』が安く買える、またとない機会です。

 10月もイベント参加予定が2つもあり、なかなかの予定の詰まり具合。流石に11月12月は大人しくしているかもですが、年始は文フリ京都、どうしましょうねぇ……。

 そんなわけで、まだまだ忙しくしてます、よ!

文フリ福岡に向けて、新シリーズ。

 第八回文学フリマ福岡(2022/10/23) に、出ます(唐突

 いや、まあ、唐突なのは我ながらいつものことなんですけれど、今回は抽選枠で当たったので、出ます。蒼球歯車上月こうづき琴葉ことはさんと隣接予定です。ジャンルはファンタジー!

 そんなわけで、ちょっと真面目に新刊生やせないかなと思って、『玉石パペットと宝石華』を書き始めました。『想食種たちは安住したい』も、一応新たに本にできるネタではあるんですが、一章と二章以降の文の量に差があるのと、うっかり改稿しそうな気もするので、新シリーズ生やしちゃいました!
 それに、『玉石パペットと宝石華』の登場人物たちにはモデルがいらっしゃいますからね。早く形にして、モデルを快く引き受けてくださった方々にご覧に入れないと。

 しかし、冷静になって振り返ると、今年はとんでもない勢いでイベントに出てるなと思うのですよ。委託という手段を覚えたのもあるんですけど。

 参考までに、現時点で何らかの形で参加確定している今後のイベントを挙げておきます。

 うーん、秋もやっぱり忙しくなりそうだ!

花鳥風月に委託参加します

 今週末に島根県松江市で開催される山陰同人誌即売会 花鳥風月に、委託サークルとして参加します!

 委託ナンバーは7で、小説4種類、ポストカード1種類、空オラクルを頒布します。
 小説の内訳はカノンカノン、十二ヶ月の彩り、リトス・ラピスの夢語りシリーズ2種類です。ポストカードについては、在庫の潤沢な『山の民家』を出すことにしました。秋を先取るポストカードです。
 リトス・ラピスの夢語りシリーズは在庫が減ってきたので3冊ずつ、他の小説と空オラクルは5つずつ、ポストカードは10枚、見本とは別に送っています。

 そして、何事もなければ、ですが、ひっそり現地に買い物に行こうかなと目論んでおります。珍しく三連休なので、前泊・後泊して、ちょっぴり観光なんかもできたら嬉しいですね。
 創作友だちには、出雲方面の石とか勾玉とか探してみたらどうよ? などとそそのかされていますので、頑張って探してみます!

 ……そういえば、石を買ったりしても、あまり自慢してこなかったですね?
 今度から、じわじわそっち方面の記事も書いてみようかなぁ。

本日、みちのくコミティア!

 現地は朝から雨の予報でしたが、はてさて。今日は仙台でみちのくコミティアが開催される日です! わーさんも、委託にて参加しております。

 ちょっと雰囲気つかめなかったから、既刊全部出しちゃいましたよ。

 これは自宅で撮影したものなので、こんな感じで展示されてはいないと思いますが、空オラクルも含めて7作品、出してます。

 こうしてみると、わーさんの本って見た目が鮮やかなの多いですね。カラフルだったりキラキラだったり。

 あ、気になるお値段は、BOOTHと同じです。今後は架空ストアさんにも委託していくつもりですが、架空ストアさんに出す分は少々割高となる予定。というか、全体的な頒布価格の見直しを行っていく可能性があります。お裾分けとは言え、あまり赤字を出すのもちょっと……。

 もし、現地近くで興味のある方は、是非足を運んでみてくださいな。わーさんだけじゃなくて、わーさんの創作仲間さんも多数、委託で参加しているみたいです。

委託なお知らせ

 えー、最早、当日になっている分もございます、が、今年は委託、やります!
 
 
 まず、ファンタジー掌編集である、リトス・ラピスの夢語り(青月の章・赤陽の章)を、文フリ広島にて上月琴葉さんのサークル、蒼球歯車に委託しております。
 これ、実は、今日です。大事なことなので、もう一回言います。今日の話です。
 上月さんの小説も、ファンタジーな世界でエモい物語を描いておりますので、広島近辺の方で興味があれば、是非。
 
 次は5月7日に、札幌のイベントに委託します。
 月燈札幌という試みをERIさんが行っており、わーさんもリトス・ラピスの夢語りと十二ヶ月の彩りを出す予定です。
 ERIさんの出す『まじかる教科書』内にも、チラッとわーさん(キャラクターの方)が顔を出しているかも、しれませんね?
 
 その次は7月17日、島根の花鳥風月さんに。
 ここには、誰かに託すというより、委託枠で出します。2口ほど申し込んだので、6種類も本が送れますよ!
 新刊が生えていればそれを出しますし、無ければ既刊(本のみ)が勢揃いする予定です。
 
 そして9月11日の、そこの路地入ったとこ文庫さんにも参加します。
 こっちは2種類とのことなので……本を出すか、空オラクルなど出すか、まだ決めておりません。まだ送るまでに時間があるので、のんびり考えます。
 
 
 こうして考えたら、今年は決まっているだけでも随分委託に精を出したなと思います。
 今年からの試みなんですけどね。初っ端から、だいぶ飛ばしましたよね。
 まだリアルイベントにサークルとして直参できるかは微妙ですが、その分、本にはいっぱい旅をしてもらおうと思います!

きらめきのかたち3ファイナルに出ます

 早いもので、3月ですね。
 
 3月18日(金)に、鉱物と宝石の一次創作オンリーきらめきのかたち3ファイナルがピクトスクエアにて開催されます。
 平日ですので、おそらく当日張り付いてはいないでしょうが、リトス・ラピスの夢語りシリーズ(と、まあ、十二ヶ月の彩り)が鉱物をモチーフとしているため、サークル参加することにしました。
 メインが2冊なので、お品書きが、潔くシンプルです。
 赤陽の章は、今まさに印刷中で、当日までにはわーさんの手元に届いているはずなのですが、出来が分からないためドキドキしております。
 青月の章は、表紙がとってもキラキラですよー。

 赤陽の章も同じくらいキラッキラな予定なのですが、果たして……?
 届くのが待ち遠しいですね。

2月のイベント参加予定

 表題から、もうお察ししている方も多いと思います。
 
 2月20日の月燈マルシェinエアブー、参加いたします。
 
 といってもまあ、大きな新刊はないです、多分。
 3月のとあるイベントを狙ってちょこちょこ原稿を進めてはいますが、ちょっと残り2週間では電書版も間に合わないかな!
 
 因みに今回は、昨年末頃に完売となっていた十二ヶ月の彩りを再頒します。
 せっかく夜見ベルノさんにも読書実況していただきましたし、文庫版があるらしいよ! って宣伝までしていただいたので、印刷会社さんに再注文しました。
 流石にわーさんと親しい方々の手元には行き届いていると思いますので、しばらくは在庫があるでしょう。
 今年はそこまで在庫が動かないだろうことを踏まえて、委託に出しても良いかもなぁ……。
 
 なお、大きな新刊はありませんが、年明けに作った創作紹介折本は、オマケなどで出す予定です。
 無配ペーパーのノリで。
 あ、ってことは、BOOTHでも無配コーナー作ってデータを置いておくべき?
 ちょっと検討します。
 
 ついでに、創作ホロスコープ読んでもらった実況漫画とかも、ここで公開してますし、BOOTHでも無配で出す可能性があります。
 
 なので、大きな新刊はありませんが、ちょこちょこした無配は出てくる可能性が。
 
 一応、今月参加するイベントはこれだけの予定です。
 久々のイベント参加告知でした!

VOiCE初サークル参加レポ

 年明けに、クローズドで、『うちの子たちと皆一緒にお正月!!』っていうVOiCEを利用したイベントがあったのですよ。VR系は操作が上手くいかないだろうなとか、酔うんじゃないかなとか、色々二の足踏んでいて、やっと少し前に一般参加に踏み出し始めたところでした。
 ところがサークル参加している創作仲間たちが、「仮想空間にうちの子立たせて写真撮るの楽しいぞ」などと誘惑し、クローズドで、経験者の皆さまに手取り足取り教えていただけるかも……と、いうことで、今回のイベントでサークル参加に踏み切った次第であります。
 
 なお、VOiCEとは。
 
WEBイベントシステムやブラウザVR会場を利用した
つなげる、つながる、笑顔になる
オンライン即売会サービスです。
 
 公式サイトより。
 
 で、正直に、全くもって馬鹿正直に、ぶっちゃけますね。
 
 つなげてつながって笑顔になるVR空間でした。
 でも、即売会につなげるには、だいぶ工夫が必要なんだな、とも思いました。
 
 まあ、これは今回のイベントの性質に影響されている部分も大きいのだろうとは思いますし、割とオンラインイベント全般に共通する課題のようにも思いますね。

操作感について

 覚悟していたほどは難しくなかったですし、酔いもしませんでした。まあ、友だちには空飛ぶモードだと酔うという方もいましたけれど。
 iPhoneとPCから入ってみましたが、どちらからでも動き回るだけなら大丈夫でした。最初、iPhoneから入ったときはテンションが上がりすぎて、思わずリア友に画面を見せに行き、「世の中進んでるよね」という生暖かい視線もいただきました。普段ゲームもやらない人VR空間見てキャッキャしてるのは、やっぱり微笑ましいものなのでしょうか……。
 ただ、サークル画像の配置にはコツが必要なように感じました。特にiPhoneからだと、アシストがないとまず無理、うっかりするとその辺で斜めになってたり飛んでいったり。PCからの方が断然楽でしたね。それでも斜めにはなりがちでしたが。
 
 今回のイベントが、仮想空間にうちの子並べてお写真撮るぞ、というイベント内イベントを有していたので、だいぶカメラとも戯れました、が、これもPCからじゃないと操作が厳しいですね。
 まあ、VR空間自体がほぼ初めての、他サービスとの比較でもない感想ですので、参考程度に。

つなげつながり笑顔になるイベント

 これについては、イベント主催さまのお人柄と、身内ならではの助け合いに助かった面も大きかったです、が、経験者さまが優しく初心者たちにコツを伝授してくださったこと、やっぱりうちの子大集合な写真が嬉しかったことで絆が深まり、楽しいイベントとなりました。
 写真の他には、主催さまがレクリエーションとして提案なさった『何でもバスケット』でとても盛り上がりましたね。3Dオブジェクトからショットグラスを持ってきて拡大、椅子の代わりに使用しました。
 創作仲間で集まっていたので、創作キャラにこんな子がいるとかいないとか、ハピエンかいたことがあるとかないとか、そういうネタでお題が投げられましたし、合間のトークもお題に関連する濃密創作トークとなりました。村は焼くのか焼かないのかとか、いやいっそ水没するよねとか。
 
 このレクリエーションをきっかけに、他の参加者さまの作品に大変興味が湧いたのです……が、実はこのレクリエーション、最終日のほぼ終盤にあったため、VOiCE内での買い物にはつながりませんでした……残念!

即売会につなげる工夫

 そんなわけで、VR空間は大満喫できましたが、今回は作品の宣伝を事前に行うタイプのイベントではなかったですし、このシステムで即売会につなげるにはもう一手間必要だろうなぁと言う印象です。
 うっかりVR空間でキャッホーイしすぎて買い物を忘れる人もいそうです。というか、私が前回も今回もそのパターンだった気がします。サークルスペースを見るのは楽しいのよ、でも最後までリンクをクリックするにはハードルを越えるもう一押しが欲しいの、ってやつですね。
 
 クローズドなどのある程度身内な感じのイベントなら、今回のイベントで行ったようなレクリエーションや創作語りタイム、事前宣伝タイムが有効かもしれません。
 オープンだとどうなんでしょう……。やはり、他の方もおっしゃっているとおり、認知度を上げていって、通りすがりの人を呼び込むのも必要になってくるんでしょうかね。このあたりは、他で記事を見かけた気がします。詳しくは覚えていませんけれど。
 
 
 
 とまぁ、そんな感じで、かなり駆け足にはなりましたがイベント参加レポートでした!

たまに通りかかるネタ神さま。

 色々軽率に、ネタを降らせていますね、ネタ神さまが。

 とある友だちのロゴ案だったり、別の友だちの創作イメソンだったり、降ってきてるなぁとは思っていたんですよ。自分のことではないから、降ってくるままに出力して、他人事のように眺めていたわけですね。

 そのうち他人事じゃなくなってきましたよね……?

 えー、エアブー月燈というイベント、軌道に乗るまでは、と、応援していまして。初回、2回目と参加しました。2回目は、無配企画にもちゃんと参加しました。で、3回目は2021年12月12日にピクスクの月燈マルシェ最終回と重ねるとのことで、主催さんがめっちゃ企画を張り切っているのですよね。

 ふむーん……って眺めてたはずが、ガッツリ新刊ネタ、降ってきまして。創作BL、多分R15で。

リトス・ラピスの夢語り』は、鉱石擬人化をモチーフとした創作BL掌編集を予定しています。多分ね、『十二ヶ月の彩り』の時のように、キャラデザをする必要があれば、上月こうづき琴葉ことはさんに頼むと思われます。

 前回よりも物語の数は半分の、6話予定。登場人物も、総勢12名です。多分。短期集中連載、できたら良いですね。総ページ数を同じくらい許すなら、1話につき3見開き分くらい使えるわけですが、はてさてどうなることやら。

 もちろん、他のネタも、無配企画も同時並行でやらなきゃなので、ますます気が抜けませんね!

年単位ぶりの、漫画ですってよ。

 10月10日に開催される、エアブー月燈のアンソロジー、『生えちゃった。』に出す予定の作品について、なんですが。

 何をどうトチ狂ったのか、漫画描いてますよね。表題通り、年単位ぶりに。

 いやぁ、どうして描いてるんだろう。自分でもよく分かりません。前回は多分、2年前かな? とある漫画に寄稿した4コマ集がありましたが。今回は、真面目にコマも割った漫画です。コマも割って、となると、更に久しぶりになるんじゃないでしょうか。

 で、作業環境的に紙が使えなくて、今回は全てiPadで作業しているのですが。話の流れからプロット的なのからネーム的なのから原稿まで。いやもう、前半部分が辛かったよね……!(なお、原稿はラフまで状態なので、今後ペン入れつらたんとか言い出す可能性は大いにあります。)紙に描いて並び替えとかできないのは、頭使ったよね……。

 あまり長い話にはならなさそうです。本文6ページの、本当に短いお話。無配縛りですし、長くしすぎると、ただでさえ漫画に慣れていないわーさんの根性が尽きそう。で、本文6ページなら、表紙裏表紙つけたら8ページの折本にできるよね、と気付きました。A3に印刷すれば、大体A6の本ですよ。ネップリとか併用したら、面白そうですね?

 最初に設定してしまったdpi的にも、自分の諸々の描き分け技術的にも、フルカラーになる可能性が高いです。色がどこまでコンビニプリントで綺麗にできるかは分かりませんが、うまいことできたら良いですね。

光陰矢の如し、とは言うけれど。

 気付けば次のエアブー月燈まで、もう一ヶ月ほどしかありませんよ……! 早い!!

 新刊、何が出せるかな? と思っているのですが、今のところはエアブー月燈の主催さん(上月さん)が立ち上げた『生えちゃった』アンソロに(規定に則って)無配を出すのと、あとは運が良ければ『推し活サイト』の感想シート集めた無配PDFか、もしくは普通に本を出すか……ですね。詩集『Twilight』はいずれ出したいですし、『絡繰異聞』の副読本もリメイクしたいですし。

 なお、先日はわーさんの頭の中に眠っているネタについて少し語る機会があったのですが、それだけ世界観を練っているのに形になっていないのが勿体無い、もっと作品を出しても良いのに、と有難いコメントをいただきました。わかります、わーさんも出したいです、頭の中でネタが大渋滞を起こしております。ただね、小説書く他にもいっぱい、やりたいこととか、やらなきゃいけないこととかが、やっぱり大渋滞しているのです。自分がもう複数名、欲しい。割と切実に、そう思います。

 因みに、今ふと思い立って、今年中に出さないといけない原稿を考えてみたんですね。

  • 10月10日までにアンソロ
  • 11月末までにアンソロの自分の分
    →その後、アンソロ取りまとめ
  • 12月12日にエアブーあるので、多分またアンソロ
  • (多分)12月半ばまでに頼まれ絵
  • 12月末までに企画絵2枚

 ……結構、ありますね!? 特に11月末から年末にかけてが、ラッシュですね!!?

 余裕ないなーとは思っていましたが、自覚していた以上に余裕なさそうです。頑張ります。