想食種たちは安住したい

魔法の存在する世界で繰り広げられた、新種族にかかわる物語。

本文

始まりは異世界から

  • フラグを立てたなんて、思わなかった

     ああ、なんだか疲《つか》れたなぁ。枕元《まくらもと》で鳴り続ける目覚ましから逃《に》げたくて、頭から布団《ふとん》をかぶる。 一体、どこの誰《だれ》だよ。医者にでもなれば、皆《みんな》から感謝されるだろうって考えたの。 ……昔のオレだよ、…

  • 神隠しに遭うだなんて、思わなかった

     有給休暇は、消化しないといけないものらしい。取得を申請《しんせい》したら、医局秘書に泣いて喜ばれた。 そんな訳で、明日から久々の三連休である。一日は確実に寝潰《ねつぶ》すとしても、まだ二日間も休みがある。部屋の片隅《かたすみ》に山と置いて…

  • 人間をやめるだなんて、思わなかった

     ……腹が減った。腹と背中の皮がくっつくんじゃないかってくらい猛烈《もうれつ》に、腹が減っている。 言葉を出す気力もなくて、ヒュウと、か細い吐息だけが、口から漏《も》れた。次いで取り込んだナニカは、果たして空気だったのか。飢《う》えた体は嬉…

  • いきなり倒れるなんて、思わなかった

     どれだけ呆然《ぼうぜん》としていただろう。風にヒゲがそよいで、水の匂《にお》いに思考が戻ってきた。 そういえば、あれだけ飢餓感《きがかん》が凄《すさ》まじかったのに、口渇感《こうかつかん》はなかったんだよな。しかも、今は何を食べたわけでも…

  • 魔法が使えるだなんて、思わなかった

     オレが摂取していたのは、短く表すと、視界を玉虫色に染めているナニカ。もう少し詳しく言うならば……、世界に放出された、余剰《よじょう》な生体エネルギー。しかも、確実に、地球上にはないやつ。 オレが吸い込んだ玉虫色の空気は、色のない透明な空気…

  • 思っていた以上に、オレの体は貧弱だ

     恐る恐る覗《のぞ》き込んだ鏡の中、非常に腰がひけた様子で見返してきたのは、やはり真っ白な毛皮の、リスのような小動物。ピンと立った大きな耳。フッサフサの尻尾《しっぽ》。大きくつぶらな黒い瞳。 かっこいいというよりも、愛らしい姿。成人男性だっ…

  • 思っていた以上に、夢の中は容赦ない

    「キミ、想像以上にヘタレだよね」 真っ白な部屋、くるくるり、白衣の両ポケットに手を突っ込み、裾《すそ》を翻《ひるがえ》しながら、オレらしくない口調で嘲笑《あざわら》うオレ。明らかに、夢の中だ。「いきなりグリフォンに出くわすだなんて思わないだ…

  • 思っていた以上に、注目を浴びていた

     ゆさゆさと、何かに体を揺《ゆ》さぶられている。誰か、とは思わない。グルグルと、猫が喉を鳴らしているかのような音が、頭上から降ってきている。(ママー、まだ起きてくれない) ピィピィ、鳥の鳴き声に被せて、幼い少年のような思いが、伝わってくる。…

  • 思っていた以上に、自分の境遇が辛い

     大体、ちょっと疲れて有給休暇を取っただけなのに、どうしてオレは異世界に、こんな頼りない体で放り出されないといけなかったのだろう。現実逃避を願うのはそんなにダメなことだったのか。承認欲求はそんなに悪いものだったのか。 泣くのはみっともないと…

  • 思っていた以上に、周りが構ってくる

     ゆさゆさと、体を揺《ゆ》さぶられていた。さっきも、そんなことがあった気がする。 でも、もう、目を覚ましたくはなかった。 鼻先に食事を差し出されている気がするけれど、それも食べたくない。そりゃ、生きる為には他の生物を糧《かて》にする必要があ…

  • やはり間違いなく、ファンタジー世界

     魔力と呼ばれるカラフルなモヤを取り込んで、体内で無色透明に戻したソレを、世界に還《かえ》す。濾《こ》し取られた生命力や感情が、オレの食事だ。 この世界はすごい。思いの力で、本当に魔法が……奇跡が起きる。けれど、その力は、どうやら諸刃の剣の…

  • やはり間違いなく、オレに役目がある

     せめて与えられた役割くらいは果たそうと、魔力を食べているけれど、食っても食っても腹が膨れた感じがしない。空腹感は少しずつ紛れてきた気もするけれど、まだまだ食べられると本能が訴えてくる。 まさか、一定食べ尽くすまで、オレの腹は減ったままなの…

  • やはり間違いなく、周りの期待が重い

     何日も、いや何週間もかけて草原の余剰魔力を食べ、森の余剰魔力を食べ、山の余剰魔力を食べたところで、ここが小さな島だと知った。山の天辺から見た景色は、見事に全面、海につながっていたから。(この島は聖域って呼ばれてるんだってさ。この世界で一番…

  • やはり間違いなく、オレの存在が鍵だ

     その日は突然にやってきた。浜辺で魔力を食べていたら、海の向こうからとても混濁したモヤが飛んできたのだ。玉虫色を通り越して濁《にご》り切った魔力に絡みつかれ、オレには見覚えのないグリフォンが、暴れ狂っていた。 なるほど、魔紋と呼ばれる痣《あ…

  • やはり間違いなく、魔物は元に戻せる

     魔物と化したグリフォンは、相変わらず雷球やら風刃やらを吐き出しているが、それらはオレの周囲で元の魔力に戻り、そのままオレに吸収されている様子だ。 つまり、オレに魔法は効かない。えっ、何そのチートっぽい能力。 仔《こ》グリフォンの身の安全は…

  • 結局は異世界にて、魔物の希望となる

     朝陽の昇る頃に、目が覚めた。目覚まし時計なんてないけれど、あまり夜更かしすることがなくなってからは、こんなものだ。 寝ている間も環境浄化は進んでいるので、起きてからは魔物たちを元に戻す治療。既に幻獣たちの間では噂になっていて、魔物になりか…

魔の島調査依頼の顛末

  • シロガネの竜騎士

     人力ではまず開かないであろう門を潜《くぐ》り抜け、獲物を降ろした。 反対側の扉までの距離が煩《わずら》わしい、が、解体所が狭《せま》くては何の為の解体所なのか分かったものではない。 大きな息を一つ。 扉を潜《くぐ》り抜けるのが、また面倒。…

  • ギルド長の依頼

    「魔の島の調査?」 思わずそのまま復唱してしまう程度には、厄介《やっかい》な依頼。「そう呼ぶ気持ちも解るがな、『聖域』の異変の調査だ」 恐らく、俺と同じくらい……いや、俺よりも深い皺《しわ》が刻まれた、ギルド長の眉間。「一緒でしょう。そりゃ…

  • 噂と激情と

     正直、噂《うわさ》だけはあった。 高ランク、二つ名持ちの何でも屋ギルド構成員が、次々と姿を消している。姿を消さずとも、調子を崩している。 別に、高ランクだとか有名な奴等《やつら》に限ったことではないと思うけれどな。 害の低い魔物は須《すべ…

  • 魔の島

     結局どうやって魔の島まで行ったのか……その道中、何も起こさなかったのかを含めて、覚《おぼ》えていない。 肝心な事は、俺がようやっと魔の島に辿《たど》り着いた事。 浜辺から睨《にら》む、おどろおどろしい森。周囲は不気味なほどの静けさを湛《た…

  • 不思議な小動物

     跳《は》ね起きる。激情に身を焼かれる。目に付くモノが敵にしか見えない。 けれど、実際に何かをする前に、気を失ってしまう。 何度、同じサイクルを繰り返しただろう。 気を失うことが、初めてではないと気付いたのは、いつだったか。森の奥に運び込ま…

  • 語られた背景と希望

     そもそも魔力が何か、なんて、普段気にしたこともない。生まれた時からそれは身の内にあり、消費したら火を出したり水を出したり、様々なことができる。何が得意か、については個人差があり、例えば俺は火の操作が得意で、だから火属性の持ち主と言われてき…

  • シルフィアナとの再会

     考え事をしていたら、背後に馴染みの気配を感じた。そっと振り返れば、予想に違《たが》わず、魔紋のだいぶ薄れた相方がいた。「……すまなかったな」 事情も知らず、裏切られたと思い込んだ。己も同じ状況になって、暴走したから分かる。魔竜になっても、…

  • 魔人化から解放された後のこと

     流石に数週間、消息不明だった後でギルドに顔を出したら、周り中に仰天された。しかも、左手に仕込まれていた諸々の生体認証システムまで消えていたものだから、既に死亡扱いされていたし、何なら身内での葬式も終わっていたらしい。 不幸中の幸いは、まだ…

落ちこぼれ生徒の独白

  • 苦手な授業

     歴史の授業の終わりを知らせるチャイムが鳴った。休憩時間を挟めば、次は魔法実技。……僕が一番、苦手な授業だ。 運動着に着替える間も、気分がどんどん下降していく。魔法は好きだったのに、この授業が始まってから、素直に好きだと言えなくなってしまっ…

  • 魔竜の襲来

     ふと、運動場に落ちる影が大きいような気がして、曇った? と空を見上げた。「……ドラゴン? 違う、魔竜⁉︎」 僕の声で、先生含めて場が一気に静まり返る。ほぼ全員が空を見上げ……、次の瞬間、一気にパニックとなった。「おおお落ち着けぇ⁉︎ 校舎…

  • 魔人化発作

     授業が全部終わって、寮に戻っても気が休まらない。 近頃は、眠りも浅いなと思っていたんだ。ちょうど今も、ズキズキとした痛みで目が覚めたところ。まだ陽が昇るにも早い、真っ暗闇。 酷く喉が渇いていて、背中は寝汗でベタベタになっていた。ああ、気持…

  • 夢か、現か

     微睡《まどろみ》の中、誰かと誰かが会話しているのをぼんやりと聞いていた。(この子は、我慢強いな。……我慢強すぎて、心配だ)「ジンもそう思うか。全身こんなに腫れているのに……、よくぞ正気を保っていたものだ。治りそうか?」(治してみせるさ。た…

  • 疑問だらけ

     目が覚めたら、魔物に取り囲まれていた。……いや、魔物、なのかな? 魔紋を持っているけれど、各々の瞳には理性の輝きが見える、気がする。それに本来、魔物は群れないとも習ったのに。 ……魔物に取り囲まれて、それ以上何もされないというのも不思議な…

  • 想定外の彼

     一つ、世の中には余剰魔力というのが増えていて、それが魔物化の原因。 一つ、ジンさん(白い小動物さん)は、その余剰魔力が主な餌。 一つ、魔物になりかけていても、ジンさんに治療してもらえれば、治る。 一つ、リオニス君も、彼の白銀の竜も、ジンさ…

  • 『想食種』

    「……し、白くなったな?」 週末になって聖域にやってきたリオニス君は、僕の真っ白な髪を見て、びっくりした。「うん、ジンさんとお揃い」「お揃い?」「大丈夫だよ。食べちゃダメなものは、ちゃんと教えてもらってるから」 流石、優等生のリオニス君。僕…

  • その後の話

    「相変わらず、ここの空気は綺麗だな」 聖域に転移魔法でやってきたリオニス君は、いつものように深呼吸をして、こう言った。 あれからもう十年以上。彼は学校を卒業すると、再び何でも屋ギルドに登録した。以前も二つ名をもらうほどに優秀だったこと、性格…