カテゴリー: 雑記

えっ、Xfolioさんの特集に載った!?

 次の特集はお月見だよってクロスフォリオの公式さんが発表したとき、ワンチャンあるかな、ないかな、とドキドキしながら投稿してみましたが、投稿してみるものですね。

 まあ、9月9日にお題を発表してからの15日の特集だったので、期間が短くて、ある意味狭き門ではありそうなんですが、Twitterでも発表してくれるので、良い宣伝になるかもしれません。

 気になる方は、クロスフォリオさんに注目ですね!

いちたみ4感想速報!

 はいっ、昨日でした!! 一次創作の民集まれ!の、4回目。皆さまは参加されましたか?

 今回のイベント、実はわーさんは、運営手伝いの一人として参加していました! 幾つかイラスト提供もしたので、そこから気付いた方もいれば、当日スタッフとして動き回っているのを見て知った方もいるかもしれません。半年ほど前に主催のころやさんに誘われて、微力ながら頑張っていました。

 今回の記事は長くなりますので、一覧からは畳んでおこうかなと思います。
 運営手伝いとして見てきたアレコレについて触れますので、完全に内輪向け記事とはなりますが、気になる方は続きからどうぞ。

続きを読む

今週末がいちたみです。

 ドタバタしている間に、もう迫ってきましたよ。一次創作の民集まれ!の、4回目が。

 8月28日(日)です! わーさんは、運営さんのお手伝いもしているので、多分ほぼ1日、DiscordかVR会場にいると思いますよー。

 いちたみさんはイベント内企画も色々あるので、是非とも楽しんで欲しいですねぇ。まるっと1日、企画尽くしにできるのは、オンラインならではかもしれません。

 なお、新刊ですが、結局『絡繰異聞』の副読本(第二版)の電子データとなりました。『玉石パペットと宝石華』は、ちょっと間に合わなかった。
 第八回文学フリマ福岡までには、何か物理本出せたら良いですねぇ……。

 さて、今後のイベントの予定としては、以下になります。

 いちたみさんは、上で述べた通りですね。翌週は、占いグッズを自作して遊んでることについて、夜見ベルノさんの書架にておしゃべり予定です。

 そのまた次の週は、上手くいけば新企画が開始できるかもしれません。そして、そこ文さんには、『十二ヶ月の彩り』と『カノンカノン』を出してます。『カノンカノン』が安く買える、またとない機会です。

 10月もイベント参加予定が2つもあり、なかなかの予定の詰まり具合。流石に11月12月は大人しくしているかもですが、年始は文フリ京都、どうしましょうねぇ……。

 そんなわけで、まだまだ忙しくしてます、よ!

YouTube配信、計画する……?

 今のところは、まだ妄想の段階ですが。YouTubeでの雑談・趣味・趣味語り・創作紹介配信などに興味があります。
 と言いつつ、そんな大きな話にするつもりはないですが。他にも色々やりたいことはありますし。というか、原稿の予定とか、まだまだ詰まって……る……。

 顔出しはする予定ないですが、既に声を使った動画は幾つも出してますので、いわゆるVtuber枠になるのかなぁ。
 既存の動画で腕は出してますから、生粋のVtuberになるというわけでもないのですけど。
 Live2Dのモデルを使って朗読動画を投稿したことがあるので、雑談配信するときは、取り敢えずはそのモデルを引き続き使用することになると思います。自作ですし。

 そして、可能性の一つとして、創作仲間とコラボするかもしれません。
 詳細を詰めていないので、コラボ先の情報などは未だ公にはしませんが、このコラボが実現するなら私、頑張って定期配信の目処を立てに行くよ! 動画投稿になったとしても、定期投稿頑張るよ!

 まあ、話がどう転んでも、配信背景とか編集とか、まだまだ学ぶべきことはたくさんあるんですけどね……。
 なんとなーく生温かい目で見守っていてくださいませ。

クロスフォリオ……?

 イラストや漫画をポートフォリオとして展示したり、匿名通販ができたり、ファンとの交流ゾーンが作れたりするサービス、らしいですよ。Xfolio(クロスフォリオ) – クリエイターのための統合プラットフォームさん。

 今まではPixivさんがほぼ一強状態でしたが、やはり寡占状態だと、何かが起こったときに皆困ったんでしょうね。電子書籍で有名なBookLiveさんが今年2月に立ち上げたサービスなんですが、ぼちぼちわーさんの耳にも名前が入ってくるようになりました。

 早速、創作仲間数名が登録に向かったのを機に、自分でも登録してみました。 旅人ノ夢・出張所 (xfolio.jp)という形で、主に自家通販に使えたらなと思っています。在庫はBOOTHと共通(要するに手持ち在庫)となるのですが、無いとは思いつつダブルブッキングになった時用に、数冊分少なめに出しておいた方が良いですかね……。リアイベがあれば持って行ったりしたいですしね。

 この記事を書いている時点では小説展示には未対応なんですが、BookLiveさんのサービスということもあり、そのうち対応してくれるんじゃないかなって期待してます。わーさんは個人サイトは並行して維持していくつもりだけれど、人によっては作品置き場のメインとして使うようになるかもですね。

実は配信出てました。

 出てました!

 読書実況にていつもお世話になっております、夜見ベルノさんのトーク企画に応募して、石の話を語ってました。

 ものすごく緊張しましたし、噛み噛みでしたし、話も脱線したりしましたが、何とか1時間、走りきりましたよ。事前資料は最初、スライドっぽいのを作ってはいたんですが、直前になって写真だけで良いやとなり、ベルノさんには写真だけをお渡しして喋りました。それで正解でした。話が脱線しましたし、脱線しなかったら時間がきっと余ってた。

 内容は、サムネイルの通り、石にまつわるわーさんの不思議体験でした。まさかラストにあんな出来事が起こるなんて……!と、戦慄のラストがありますので、気になる方は是非。

文フリ福岡に向けて、新シリーズ。

 第八回文学フリマ福岡(2022/10/23) に、出ます(唐突

 いや、まあ、唐突なのは我ながらいつものことなんですけれど、今回は抽選枠で当たったので、出ます。蒼球歯車上月こうづき琴葉ことはさんと隣接予定です。ジャンルはファンタジー!

 そんなわけで、ちょっと真面目に新刊生やせないかなと思って、『玉石パペットと宝石華』を書き始めました。『想食種たちは安住したい』も、一応新たに本にできるネタではあるんですが、一章と二章以降の文の量に差があるのと、うっかり改稿しそうな気もするので、新シリーズ生やしちゃいました!
 それに、『玉石パペットと宝石華』の登場人物たちにはモデルがいらっしゃいますからね。早く形にして、モデルを快く引き受けてくださった方々にご覧に入れないと。

 しかし、冷静になって振り返ると、今年はとんでもない勢いでイベントに出てるなと思うのですよ。委託という手段を覚えたのもあるんですけど。

 参考までに、現時点で何らかの形で参加確定している今後のイベントを挙げておきます。

 うーん、秋もやっぱり忙しくなりそうだ!

花鳥風月に委託参加します

 今週末に島根県松江市で開催される山陰同人誌即売会 花鳥風月に、委託サークルとして参加します!

 委託ナンバーは7で、小説4種類、ポストカード1種類、空オラクルを頒布します。
 小説の内訳はカノンカノン、十二ヶ月の彩り、リトス・ラピスの夢語りシリーズ2種類です。ポストカードについては、在庫の潤沢な『山の民家』を出すことにしました。秋を先取るポストカードです。
 リトス・ラピスの夢語りシリーズは在庫が減ってきたので3冊ずつ、他の小説と空オラクルは5つずつ、ポストカードは10枚、見本とは別に送っています。

 そして、何事もなければ、ですが、ひっそり現地に買い物に行こうかなと目論んでおります。珍しく三連休なので、前泊・後泊して、ちょっぴり観光なんかもできたら嬉しいですね。
 創作友だちには、出雲方面の石とか勾玉とか探してみたらどうよ? などとそそのかされていますので、頑張って探してみます!

 ……そういえば、石を買ったりしても、あまり自慢してこなかったですね?
 今度から、じわじわそっち方面の記事も書いてみようかなぁ。

本日、みちのくコミティア!

 現地は朝から雨の予報でしたが、はてさて。今日は仙台でみちのくコミティアが開催される日です! わーさんも、委託にて参加しております。

 ちょっと雰囲気つかめなかったから、既刊全部出しちゃいましたよ。

 これは自宅で撮影したものなので、こんな感じで展示されてはいないと思いますが、空オラクルも含めて7作品、出してます。

 こうしてみると、わーさんの本って見た目が鮮やかなの多いですね。カラフルだったりキラキラだったり。

 あ、気になるお値段は、BOOTHと同じです。今後は架空ストアさんにも委託していくつもりですが、架空ストアさんに出す分は少々割高となる予定。というか、全体的な頒布価格の見直しを行っていく可能性があります。お裾分けとは言え、あまり赤字を出すのもちょっと……。

 もし、現地近くで興味のある方は、是非足を運んでみてくださいな。わーさんだけじゃなくて、わーさんの創作仲間さんも多数、委託で参加しているみたいです。

ZIG クリーンカラーリアルブラッシュ!

 表題の通りです。呉竹さんのZIG クリーンカラーリアルブラッシュ、買っちゃいました。
 最近お世話になっている創作民の集まりで、便利だよって評判だったので、気になって。

 今回購入したのはポーチセット(大)なんですが、ポーチがガバッと開くの本当に面白いですね。
 閉めるときにペンがこぼれないか心配になりますが、意外としっかり収まるのも良いです。

 さて、そんなZIG クリーンカラーリアルブラッシュを使って、早速試し描きをしたのが、こちら。

 線画には、ZIG Cartoonist MANGAKA FLEXIBLE MEDIUM セピアを使っています。
 これまた、水彩でにじまない、良いペンなんだ……。

 で、描いてみた感想なんですが、コピックに特有の変な臭いも無いし、紙も水で波打ったりしないし、線画の上に白く乗らずに肌色使えるし、水彩風にもコピック風にも描けるし、塗ムラ少ないし、とても面白いですね。
 上の絵は、ZIG クリーンカラーリアルブラッシュの他には水筆しか使っていないのですよ。でも、水でぼかしたところはきちんとぼけてるし、ペンのタッチで描いたところは細かい描き込みもできるし、興味深い画材です。

 混色など使いこなせるようになったら、きっともっと楽しいのだろうなぁ。
 今は固形水彩絵具12色セットで描いている人物以外のアナログ絵も、そのうちZIG クリーンカラーリアルブラッシュで描き出すかもしれません。
 でもまあ、先ずはコピック代わりに人物イラストなど描くときに使うところからだろうな。

新しい委託先のお知らせ

 本日から、架空ストアさんにて空オラクルや小説の一部が購入できるようになっています……!
 因みに、わーさんの作家ページはこちら

 架空ストアさんは委託販売の雑貨店で、雑貨・アクセサリーから小説・漫画、戯曲(電子書籍)まで、幅広いジャンルの作家さんが集まっています。(公式サイトからほぼ引用)
 以前から、他の作家さんが利用していらっしゃるのを見て、ちょっと気になっていたんですよね。オシャレな雑貨など取り扱っておられますよー。

 販売手数料などの関係でBOOTHよりはちょっぴり割高になるのが申し訳ないんですが、他の作家さんとのまとめ買いなどできることを考えたら、買い方次第ではお得かもしれません。配送方法がゆうパケットかゆうパックみたいなのですが、ゆうパケットの場合全国どこでも210円(2022/06/02時点)とのことで、それだけでもBOOTH安心パック370円と比較して考えたらトントンな可能性も……。細かい計算はしていないので、ちょっと分かりませんけど!

 そんなわけで、新しい頒布先のお知らせでした。

絡繰異聞・本編の読書実況感想

 夜見ベルノさんというVtuberさんに、今度は絡繰異聞から本編を読書実況していただきました……!

 夜見ベルノさんは、『Mi→RiSE Project』所属のバーチャル小説発掘家さんです。よく、読書実況配信をされています。読書実況配信とは、朗読にコメントや、リスナーさんからのコメントを差し挟み、読書する様子を実況する配信のこと。Twitterでも、1日1作は小説を紹介されております。気になる方はレッツ・フォロー!

 それにしても、ロゴ、かわいくないですか。大正・昭和あたりをイメージしたレトロフォント(今回初採用)を使用していただいたとのことです。
 今回は、選考会の基準が冒頭一文の提出で、『都市伝説がある。』という一文とタイトルからの連想で作っていただいた模様。

 さて、今回は当サイトにベルノさんをお迎えしましたので、無音PVの存在がバレました。

 そして、未来世界の物語であるということも、バレました。
 PVについては、ロゴとデフォルメキャラクターイラストをメインの素材として、登場人物紹介みたいな感じで作ってありますので、前日譚から始まり、本編につながっていきます。
 ベルノさん、こっちの仕込みに気付いてくださるので、実況を見ていて本当に気持ちが良いです。そして視聴者の方々のコメントも温かいので、安心して見ていられます。

 なお、今回、本編の方を実況に応募した理由は割と単純で、ベルノさんのイケボで聞くならナレーションがメインの本編かな、と思ったからです。前日譚は各章、主人公の一人称で進む挙げ句の果てに、第一章はショタ期から始まるので……。しかも、第三章は女性的な視点だし……。うん、本編の方が聞きたい。

 配信視聴中は、割と緊張してベルノさんのコメントに応えるのが精一杯なんですが、後からこうして感想を書く分にはコメントでいただいた感想にもお礼ができるので、今回も長文化すると思われます。

 表紙がつながっていることに気付いてもらえて、嬉しかったこととか。実際の本でも、きちんとつながるんですよ。
 PVすごいとか、キャライラストかわいいとか、本当に励みになります。

 と、いうわけで、PVを皆で見てからの読書実況です。

 軽妙な語り口なのは、やっぱりその方が読みやすいだろうし、楽しいだろうと思ってのことですね。リズム感、大事。本当は音読しながら書けば、もっと読みやすい文章になるのかもですが、大体脳内で流してます。で、いざ朗読しようとして詰まることがあります。

 さて、絡繰異聞ではレトロな雰囲気の単語が多いですが、それは一応、日本ベースの未来世界だということを醸し出したかったからですね。言葉遊びもまた、楽しい。タイトル、かつキーになっている絡繰という単語に辿り着くには色々頭を悩ませましたので、後から色々拾ってもらえて、良かったなと思います。

 そしてベルノさん、おそらく電脳世界に明るくていらっしゃる。いや、まあ、電脳世界に住まうお方なので、当然なのかもしれませんが……。
 わーさんは、実はその辺詳しくありません。フィーリングで書いてます。でも、盛り上がってたので、なるほどそういうこともあるのかと面白かったです。

 どんどん作品の裏側を覗き見してくれるのが楽しいし、しれっと書いたことをしれっと流さないからニコニコしちゃいますし、豊富な雑学に裏打ちされたコメントの数々が頭良いですし……。
 その合間に、テンポ感とか句読点の使い方が巧いと褒められれば、画面の向こうで照れて机をタシタシするしかないわけですよ。個人サイトがすごいというのは、時代を感じますね……。

 龍神警備会社の登場あたりで、きな臭い世界観がますます明らかになってきて、ディストピア感出てきましたね。治安は悪いのです。貧民街に違法廃棄場とかあるのです。ふふふ。読めば読むほど闇が出てくる話ではあるのですが、本編なのでドタバタ騒動譚としての一面もあるのですよ。

 お目々がグルグルしていく奏音のパニックぶりが正しくウケてくれたので、ちゃんとギャグパートがギャグパートとしての役割を果たしていると知ってホッとしてみたり。自爆騒ぎはただのギャグだった……!
 緩急というか、息抜きパートが入るのは、やっぱりちょっとボリュームたっぷりめだからですね。

 未来系ディストピア世界との評でしたので、ラノストさんでのジャンルは間違えてなかったと胸をなで下ろしつつ、映画化も合いそうというので、妄想捗りそうだなとニヤニヤしつつ、面白い作品と言ってもらえたのが嬉しかったです。もう語彙力がなくて申し訳ないんですが、やっぱりベルノさんの読書実況は良いですね……。

 と、いうことで、またそこそこの分量になりましたが、読者実況の感想文でした!
 最後になりましたが、とても素敵な読書実況をしていただきました夜見ベルノさんに、厚く感謝いたします。